人気ブログランキング |
会場の様子をいち早くお届けします!
「下着アヴァンギャルド宣言」ギャラリートークの様子をお届けします!
今日は、5月15日に開催した、本展キュレーター•室井絵里さんによるギャラリートークの様子をお届けします!初期にデザインされた下着から最晩年に制作された作品まで、まるで鴨居さんの生涯を参加者みなで旅するような、素敵なイベントとなりました。

これから、その一部をご紹介いたします。
お話は、この展覧会が生まれたきっかけからスタートしました。
(※「」内は、室井さんのお話しの中から一部抜粋、編集したものです)


f0023676_1655461.jpg

「この展覧会は昨年、川崎市岡本太郎美術館(神奈川県)で開催された『前衛下着道 ―鴨居羊子とその時代』という展覧会を、アルティアムのために再構成した展覧会です。

岡本太郎さんと鴨居さんに交流があったことを知ったのは偶然でした。たまたま、岡本太郎さんがつくった『現代芸術研究所』のことをまとめた記事を書くことになりまして、その時、敏子さんがまだご存命中の青山の記念館に伺いました。敏子さんが保管されていた膨大な資料を見て行く中で、“岡本太郎さんが鴨居さんを推していた”とか“鴨居さんがチュニックを立ち上げた際株主になっていた”とか、二人のつながりを初めて知ったんです。
私の両親が鴨居さんと親しかったこともあって、二人がつながっていた事実は、簡単にいうと素朴な発見でした。

その後、岡本太郎美術館さんとのお付き合いは続き、展覧会としてまとめて紹介したいというお声がかかり、開催が実現しました」

f0023676_16562183.jpg

-会場入口には、劇団唐ゼミ☆が制作した昭和30年代の街並みが広がっています。
このセットは、2009年に上演された『下谷万年町物語』という舞台のセットを、展覧会用に再構成したものだといいます。
会場に当時の街並みを再現させた意図は、一体どんなところにあったのでしょうか?


「唐ゼミ☆の公演でこのセットを見た時、これはこのまま展覧会会場に持って行ける、と思いました。鴨居さんの時代のものだったので、美術館に路地を作ったら面白いのではないか、ということで、岡本太郎美術館では、表から見たらちゃんとした美術館の展示風景なんだけど、裏に回るとこの路地が出現する、という構成にしました。
アルティアムで開催するにあたって、ただ縮小して開催するだけではつまらないので、路地と展示空間を分けるのではなく、混在させた空間を創りたいと思いました。

路地を進んでいくと、鴨居さんの部屋をイメージした空間が広がります」

f0023676_1701730.jpg

「人形があふれた引き出しや、カラフルな下着類…、これは、“服がごちゃごちゃして、片付いてなかった”と聞いた、鴨居さんの部屋をイメージした空間です。
亡くなって20年たちますが、鴨居さんもこの会場で楽しんで演劇を見ているような、そんな雰囲気を出せればと思いました。
作品は、下着や絵画、写真など、チュニックがお持ちの古いもの、私が個人的に鴨居さんから頂いたもの、コレクターの方からお借りしたものなどのほか、岡本太郎さんや井上博道さん、細江英公さんの写真も展示しています」

f0023676_1711661.jpg

室井さんは、作品や鴨居さんについて、裏話や身近な人しか知らない貴重なエピソードなども交えながら、ひとつひとつ紹介していきました。

会場には、そこかしこに鴨居さんの言葉も展示しています。


『人間不信のまま、うなだれて街をさまよい歩く私を、ぼんやりとうつろな瞳で迎えてくれるのは路傍ののら犬だった。ふと我にかえって、私は道ばたにしゃがみこみ、名前のないのら犬を呼び、しばし語らい、そして笑い合った。/「私は驢馬に乗って下着を売りにゆきたい/鴨居羊子著」より』

「鴨居さんって、のら犬が大好きなんですね。のら猫もかもしれないけど。今の時代でこそ、のら犬は表向きではもういないことになっていて、もちろんそうしないといけないんですけど、この言葉から、当時すでにのら犬は隅に追いやられて、非常に窮屈に感じていることがよく見えます。我々は今の時代が窮屈だと思っているけど、彼女はこの時代ですら窮屈だったんだなぁ、というのが伝わってきて、この言葉を選びました」

f0023676_172949.jpg

お話は、鴨居さんの作品についてはもちろん、その背景、関わった方々についても広がり、参加した方たちからは終始、「へぇ~」「ほぉ~」という感嘆の声が上がりました。
室井さんのトークは、会期中まだまだ予定しています!

すでにご入場された方も、お持ちのチケットで何度でも再入場できますので、ぜひご参加下さい!


★鴨居羊子展 会期
~6月12日(日)
★本展キュレーター•室井絵里さんによるギャラリートーク
・5月29日(日) 13:30~、18:00~
・6月11日(土) 14:00~ 
・6月12日 (日) 14:00~
by artium | 2011-05-26 17:11 | 下着アヴァンギャルド宣言


<< ジュンク堂書店にて「鴨居羊子フ... アルティアムに期間限定チュニッ... >>