会場の様子をいち早くお届けします!
<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
稲葉英樹さんのサイン入り図録 販売中!
今日は稲葉さんの大ファンというハニワから、なにやら嬉しいお知らせがあるようですよ!
f0023676_15232272.jpg

「今アルティアムでは、稲葉さんの図録を大好評販売中ニワ!
な、なんと、限定20部に限り、ハニワのサイン入りニワ!」

f0023676_15263218.jpg

IH…“INABA HANIWA”の略ニワ!
限定20部だけど、ハニワがここにいる限り書き続けるニワよ~!
永遠の20部!!」

…違います。
サインは稲葉さんご本人が、正真正銘、限定20部で入れてくださいました。
早いもの勝ちですよ~!
f0023676_15272675.jpg

「ほうほう、話題の最新作も収録されているニワね!
それにしても、この線の細さ!!」

ボッ!


f0023676_15285095.jpg

「あまりの驚きにハニワの髪の毛もなびいてしまったニワ!!」

HIDEKI INABA 9010 展覧会図録 1,800円(税込)
会場にて限定発売中!

[PR]
by artium | 2010-02-25 15:34 | 稲葉英樹展
稲葉英樹展、スタートしました!
グラフィックデザイナー・稲葉英樹さんの個展がスタートしました!
今日は、初日に開催したオープニングレセプションの様子をお届けします!

写真は、会場に集まったお客様に挨拶する稲葉さんです。
f0023676_1743789.jpg

なんとイムズができた頃、福岡に住んでいたという稲葉さん。
今回、九州初となる個展のために来福できたことへの喜びを語ってくれました。

f0023676_1745445.jpg

そのほか、本展のテーマである「プリント」について、こだわりぬいた印刷技術や制作方法について、本展が初披露となる新作「Burst Helvetica 2(バースト・ヘルベチカ 2)」について…お話は多岐に渡り、挨拶というよりギャラリートークのような、貴重なひとときとなりました。

f0023676_1751361.jpg

会場では、コスメティック・ブランド「shu uemura(シュウ・ウエムラ)」とのコラボレーション作品や、08年、パリ・ルーブル宮で開催された展覧会「感性展」に向け、世界最高レベルの印刷技術を駆使して制作されたアートブック「Print Line(プリントライン)」、また、10数台のプリンタをつかったインスタレーションや映像など、代表作から最新作まで約30点を一堂に展示しています。
f0023676_17375967.jpg
f0023676_17404237.jpg

一本一本マウスで引いたという繊細な線が重なってできた面の美しさ、印刷再現性の限界に挑むようなディテールの緻密さ…その途方もない作業を想像すると、ため息が出るようです。
ぜひ実物を、会場でご覧下さい!

★HIDEKI INABA 9010 稲葉英樹展は、3月15日まで!
[PR]
by artium | 2010-02-23 17:41 | 稲葉英樹展
“リュミエール”の様子をレポートします!
大盛況となった燃えるチョコレートを食べるイベント“リュミエール”。
今日は、巻き起こる興奮の嵐!に包まれたイムズ12Fの会場からお届けします!
写真は、会場の様子。
f0023676_1638207.jpg

アコーディオンとギターの生演奏の中、まるで儀式のように、ゆっくりとチョコレートが並べられていきます。
f0023676_16275226.jpg

f0023676_1628820.jpg

作家の大畑周平さん。
“燃えるチョコレートの食べ方”を説明しているところです。
コツは、一気に口の中に入れ、怖くてもすぐに閉じること。
怖がってゆっくり入れたり、口を閉じないでいると火傷してしまうこともあるそう。

「口の中で、ジュッとする火の感触を楽しんで」
という大畑さんの言葉に、やや困惑気味の場内…。
f0023676_16465248.jpg

そしていよいよ、並べられたチョコレートにお客様自身が火を灯します。

f0023676_1646890.jpg

f0023676_1255629.jpg

チョコレートは、ひとつひとつ手作り。
中央によもぎの葉で作られた芯が埋め込まれ、回りのカカオバターを吸い上げることで、ろうそくのように火を灯すことができます。
火をつけてしばらく待って、チョコレートが少し溶けてきた頃が食べ頃ですが…

「怖い!!」
「やー無理無理!!」
「持つだけでも怖い!」


会場は、悲鳴と熱気、そして笑いに包まれました。
それでは、意を決して口に入れる皆さんの雄姿をご覧下さい!
f0023676_16462528.jpg

f0023676_16315891.jpg

f0023676_16321068.jpg

f0023676_1632232.jpg

「口の中で転がってしまい、熱かったですが、美味しい火傷です」
「熱い…でも、美味しい!」

参加された皆さんの反応を見ているだけで、笑顔になります。
“リュミエール”は、「からだの中に炎をともす」という叶わぬ願いから生まれた作品です。
「体内にエネルギーを入れるような感覚で、参加した人に特別な経験をしたと思ってもらえたら…」と大畑さん。

きっと、参加された皆さんの心にも火が灯る、特別な夜になったのではないでしょうか?
f0023676_1638493.jpg

[PR]
by artium | 2010-02-20 16:39 | Brand New Valentine
Up Coming Exhibition
Paul Smith's Collection ―inside of my head―
2010年3月20日(土)~4月18日(日)

f0023676_13553567.jpg

世界的に活躍するアーティストや新進作家の作品を蒐集してきたファッションデザイナー、ポール・スミス。本展では、彼の心に響いたアートコレクションのうち特に思い入れある作品群を中心に、本や自転車、ヴィンテージの服、家具、雑貨なども併せて展示し、ポール・スミスの日常が感じられる空間の中でアート作品をお楽しみいただけます。

“ただ好きなものを集めただけ”と語るポール・スミスのコレクションは、それぞれにストーリーがあり、彼の広い視野や興味、また、彼をとりまく様々な人の姿を感じることができます。

ぜひ会場で、貴重なアートコレクションを楽しむとともに、ポール・スミスのアイディアの源泉ともいえる様々なコレクションをご覧下さい。

★オープニングレセプション
日時:3月20日(土)18:30~20:00
会場:三菱地所アルティアム

★ポール・スミス トークイベント
日時:4月10日(土)14:00~16:00(仮)
会場:大濠公園能楽堂
※詳細はおってご紹介いたします
[PR]
by artium | 2010-02-15 14:27 | Paul Smith
週末を楽しむスペシャル・イベント
f0023676_18532058.jpg
いよいよ今週末はヴァレンタイン・デーです。休日と重なった今年は、ぜひ恋人や友人と一緒にイムズに遊びに来ませんか? いつもとはちょっと違う、素敵なヴァレンタインのイベントをご用意しております。予約不要ですので、デートやショッピングの合間に気軽にお立ち寄り下さい。


【2/11(木・祝)10:00-  アルティアムのヴァレンタイン・プレゼント】
先着100名様に限り、アルティアムからとっておきのプレゼントをご用意しております。まだ展示をご覧になっていない方は、ぜひこの機会にご来場下さい。

会場:三菱地所アルティアム(イムズ8F)※なくなり次第終了
料金:一般400円、学生300円、高校生以下無料


【2/11(木・祝)21:00 - 22:30 リュミエール鑑賞】
燃えるチョコレートを食べるイベント「リュミエール」。定員に達しておりますので参加することはできませんが、会場の外からもイベントの様子をご覧頂くことができます。前半は火を食べるイベントで、後半にはギターとアコーディオンによるライブ演奏もあります。気になる方はぜひ会場周辺にお立ち寄りください。

会場:テラッサ(イムズ12F)※入場はご予約のお客様のみ可
料金:無料(会場の外からの鑑賞となります)
リュミエール


【2/13(土)14(日)14:00-、16:00-、18:00- ゲリラレストラン鑑賞】
テレビでも紹介され、あっという間に予約がいっぱいになってしまった話題の「ゲリラレストラン」!! 参加することはできませんが、「試食ができる!!」観客席は当日の先着順にご案内しております。今週末は特別に、「恋愛感情をあじわうコースメニュー」の中から3品のテイスティングをご用意しております。予約ができなかったお客様はぜひ、観客席でレストランの雰囲気をご一緒にお楽しみ下さい。

会場:三菱地所アルティアム(イムズ8F)
料金:料金:一般400円、学生300円、高校生以下無料
※好評につき、16時の回を追加しました!
ゲリラレストラン
[PR]
by artium | 2010-02-09 19:20 | Brand New Valentine
“Lumiere” 予約受付を終了しました
2月11日に開催する、燃えるチョコレートを食べるイベント“Lumiere”は、定員に達しましたのでキャンセル待ちを含めて予約を締め切りました。

たくさんのお電話ありがとうございました。
パフォーマンスの様子は、このブログでもご紹介いたしますので、お楽しみに!
[PR]
by artium | 2010-02-08 13:48 | Brand New Valentine
恋愛感情をあじわうゲリラレストラン 開店!
誰もいないレストラン。
写真は、普段の会場の様子です。
誰もいないはずなのに…
会場には、ついさっきまで賑やかな食事が行われていたかのような、不思議な雰囲気が漂っています。
f0023676_11452087.jpg

会期中の土日、14:00と18:00。
レストランが開店するのは、そのひとときだけ。
レストランが開店すると、会場の雰囲気は一変します!

f0023676_11453745.jpg

“恋愛感情を表現したコースメニュー”という、一風変った食事をあじわう男女。
そして、その様子を見守るギャラリー。
まるで舞台のようです。


「というわけで、わたしたちふたりは、見えない視線と見えるほどの気配に気がつき、
どうしていいのかわからなくなってしまった。」

f0023676_1146824.jpg

ある男女の物語が始まります。

f0023676_11465137.jpg

“恥ずかしさと照れくささが入り交じったテイスト”
“緊張と困惑のテイスト”
“満ちてくる期待のテイスト”
様々な感情のテイストが、物語の進行とともに振舞われます。
f0023676_11475897.jpg

物語の中の男と女を想像しながら、また目の前の恋人に微笑みかけながら、様々な感情のテイストを味わう皆さん。
f0023676_11492524.jpg


f0023676_11494826.jpg
口に入れた瞬間笑い出したり、深くうなずきあったり、二人そろって咳きこんだり…一体どんな味なのだろうと、思わずその表情をじっと見つめてしまいます。

互いに譲り合ったり、男の人が手際よくリードしたり、まるで二人の関係を覗き見しているような気分にもなります。




f0023676_1152421.jpg
「2つ目のテイストは、まるで“つり橋”みたいでした」
出てきた方に感想を聞くと、そんな答えが返ってきました。
「だれと渡ってもドキドキして、恋と錯覚してしまう。口に含んだ瞬間、体がポカポカ、そしてドキドキしてきました」




他にも…
「はじめはお客さんとして食べていたのですが、だんだん“この味を見ている人たちに伝えなくては!”と、まるで役者さんになったような気分でした」
「いつもより感覚が敏感になり、普段とは違う“味覚”で味わうことができました」
「恋がしたくなりました。これから恋を探しに行って来ます(笑)」

ゲリラレストランのお席のご予約は現在ほぼ満席となっておりますが、パフォーマンスの様子は自由にご覧いただけます。
風景の中に現れては消える不思議なレストランを、皆さまぜひ覗きにいらしてください。

パフォーマンスに参加されないお客様には、コースメニューの中から一品をご試食いただけます。
どうぞお楽しみに!

★「Brand New Valentine Ayako Suwa Exhibition“TASTE OF STORY”」は、2月14日(日)まで!
[PR]
by artium | 2010-02-05 11:59 | Brand New Valentine