会場の様子をいち早くお届けします!
カテゴリ:松尾高弘展( 5 )
『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』 感想帳からご紹介
ご来場の皆様から素敵なメッセージをたくさんいただいています。
今日は感想帳から少しですが、ご紹介します。
f0023676_15381830.jpg


◆幻想的な光の空間の中で大変心地良く過ごすことができました。ありがとうございました。

◆ずっといたいと思うような作品でした。とても綺麗で楽しく、安らぐなぁと思いました。また来たいです。「KOHRIN」の光と綿が生物みたいでとても可愛いです。

◆静かだし、雨をモチーフにした作品がきれいでした!!もっと他の作品を見てみたいです!また来たいです。面白かったヨ。

◆自分が光になったみたいですっごくすっごくおもしろくてたのしかったです。

◆きれいですばらしかったです。つぎも、きれいなさくひんを見たいです。ひかるいすがいえにほしいです。(小学2年)

◆すっごくキレイでした☆いやされました!体験型の展覧会はいいですね!!

◆すごくステキな空間で、ものすごくここちいい気持ちになりました。心が疲れていたので、ゆっくりした時をすごさせていただきました。どうもありがとうございました。

◆とてもキレイなものばかりでした。大学でしっかり学んで、このような技術を身に付けられたらと思います。

◆とても幻想的で素敵な空間で飽きません。「Prelude」や「White Rain」は本物の雨の日も楽しくなりそうで今の季節にぴったりだと思いました。これからの活躍を期待しています。

◆すごい感覚にささる作品でした。たまたまだったんですけどきてよかった。光ってやっぱすばらしい。「Celeste」は海の中の光を感じてとても好きです!!

◆体感できるアートのすばらしさを改めて感じました。非日常の空間で、過去or未来にトリップした思いです。福岡出身のアーティストをほこりに思います。

◆エンジニアリングトークで裏話や作品の仕組みもちょっとだけ分かって楽しかったです。すてきな空間をありがとうございました。とてもいやされました。


いかがでしたでしょうか。皆様もぜひ体験しにいらしてくださいね。
会期が明日6/26〔火〕までとなりました!
本日月曜日も開館しています。最終日も20:00までお楽しみいただけます♪
お待ちしております☆


・・・・・information・・・・・
『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』
◆会期 開催中 ~月26日[火] ※最終日まで休館日なし
◆入場料 一般400円、学生300円 
再入場可、高校生以下無料

[PR]
by artium | 2012-06-25 13:45 | 松尾高弘展
『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』 光とピアノのインスタレーションライブ
開催中の『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』会期残りわずかとなりました。
梅雨の間の奇跡的な晴れ間に開催された「光とピアノのインスタレーションライブ」の様子をお伝えします!

展覧会会場内のインスタレーション内で開催された今回のライブは、音楽と作品が一体となった、他にはないライブイベントです。

f0023676_1941399.jpg

▲会場となったインスタレーション『White Rain(2011)』

ライブで素敵な音楽を届けて下さった高橋全(あきら)さんは、ドイツ、ハンブルク国立音楽大学卒業後、91年に帰国し、ピアニスト、キーボーディストをはじめとして幅広く活動されています。奄美大島の唄者、朝崎郁恵とのコラボレーション、ネーチャーサウンドアーティスト:ジョー奥田、『元チェッカーズ』のサックス奏者:藤井尚之との三人によるユニット『ネーチャー・サウンド・オーケストラ』などの演奏活動の傍ら、録音エンジニア、CDプロデューサーとして数多くの作品を手がけていらっしゃる方です。

さて、「光とピアノのインスタレーションライブ」と題された今回のイベント。
一体どんな内容なのだろう?という期待を持たれていらっしゃったお客様に演奏前に少しお二人から今回のコラボレーションの経緯やライブの見どころなどをお話して頂きました。

f0023676_202914.jpg

▲演奏前にご挨拶(左:高橋さん、中央:松尾さん)

数年前にお仕事を通じて知り合われたお二人。今回のイベントでの共演だけでなく、ライブ会場となった展示作品「White Rain」においてもコラボレーションしています。作品空間で鳴り響くピアノの音作りを高橋さんが手掛けられました。余韻を残しながら響く単音が心地よいものとなっていますが、初めはもう少し音楽的な、メロディックなものを考えられていたのだとか。
今回のライブでは高橋さんの演奏にあわせて、松尾さんが作品の光をあやつる、目と耳で体感できるものとなりました。音の重なりにあわせて増えていく光、音楽の盛り上がりとともにキラキラと降り注ぐ光、曲の終わりにあわせて消えていく一筋の光…。お二人がお互いの音と光を感じとりながら即興で奏でる、幻想的なインスタレーションライブとなりました!


会期終了間近です!皆様、お急ぎ下さいませ。


・・・・・information・・・・・
『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』
◆会期 開催中 ~6月26日[火] ※最終日まで休館日なし
◆入場料 一般400円、学生300円 
再入場可、高校生以下無料

[PR]
by artium | 2012-06-24 20:03 | 松尾高弘展
『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』 エンジニアリングトーク
開催中の『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』はもうご覧いただけましたか。会期が~6/26〔火〕までと迫ってまいりました!皆様お見逃しないようにご来場下さい。

先日、開催したエンジニアリングトークの模様をお伝えします!“エンジニアリングトーク”は、技術的な部分を中心に作品解説していただくという新しい試みです。鶴野玲治氏(九州大学芸術工学研究院准教授)を聞き手にお迎えし、知りたいけれど聞きにくいような作品制作の裏側をお聞きしました。ごく一部ですが、その様子をお伝えします。

f0023676_18333276.jpg

▲『KOHRIN』について解説中の松尾氏(中央)と鶴野氏(奥)

---------
(以下はエンジニアリングトークから一部抜粋・編集したものです
f0023676_18365915.jpg

▲KOHRIN(2011)

《KOHRIN》
光の考えかた、風鈴などは日本古来の風が吹いて音が鳴るという日本のわびさびのあるものをモチーフにしました。強く揺れると発光が強くなります。上のファンから不定期に風が強く吹いてきますが、これは自然の風をイメージしていて風が吹くと光が強くなっていきます。見ていると変化があって楽しいですし、実際触ってもらって体験してもらう作品です。
(※そっと手で触れたり、息を吹きかけたりして揺らして下さい。繊細な作品ですのでお取扱いにはご注意下さい。)

(鶴野氏)揺れや光はどのように演出しているのですか。

素材だけで作っているアナログな作品です。一個一個の基盤の中にセンサーと配線が全部入っていて、ピアノ線から揺れが伝わるようになっています。金色の丸い金属のセンサーがあるんですが、これにピアノ線が繋がっていて、揺れる振動をセンサーが直接受けるようになっています。LEDはセンサーのところについていて揺れると電圧が変わります。この電圧が変わるという変化を利用してLEDが揺れに伴って光るというシンプルな仕組みにしています。最新の珍しい技術というよりはよく使われている技術です。
ボルト電源なので、ひとつひとつをコンピュータのUSB(5ボルト)につなぐと光ります。インスタレーションと言うのは特殊な場所なので、作品を作りながら例えばこれを商品にしたときにどうなるか、より人に近い商品になるように意識して設計しています。

(鶴野氏)たくさんありますが、全部でどれくらいありますか。

約230本です。それぞれがパソコンに繋ぐと動いている動いてないということを認識するようになっています。発展的に考えると、光っているところに模様を出す、音を出すなど、インターフェース(人に一番近いところ)にコンピュータに繋がってもっとひろげていけるのではないかと感じています。

(鶴野氏)この作品で苦労されたことはありますか。

もともとこの配置は厳密に考えていて、自然のものを厳密に考えると言うのは難しくて、どうしても作為的なことが出てきてしまいます。こういう形状はいったんモデルとして作って、それぞれの花がどれくらい離れていれば自然に見えるかということを考えます。人の手で自然なものを作ると言うのは本当に難しいことです。勝手に生やそうとすれば、ただ種をまけば勝手に生えてくるわけですけれども、そうはいかないので、なかなか苦労するところです。
スポンジはスタッフの皆さんにちぎってもらったもので、もともとは四角いただのスポンジでしたが自然な有機物っぽくしたかったので、手でちぎってもらいました。

(鶴野氏)コンピュータで映像を作る、自然物を再現するというのは大変難しいことですよね。リアルの形、素材感を再現するのは本当に難しいことだと思います。

どうしても自然造形をするときに感覚的になってしまって、人がこうしたいああしたいという意図が入ってしまうから、自然から離れてしまいます。コンピュータでシミュレーションをしてパターンを色々出して、それに沿って作っていくというようにコンピュータが作り出したほうが、自然造形という良さを生かした造形になるということを作りながら思いました。

(鶴野氏)自然はどうやって出来ているのだろうということを1から考えて作っていかないとだめなんですね。

本当はもっと片寄ったり散漫に生えたりするんでしょうね。

(鶴野氏)雪のような感じが出ていますね。軽さとか質感とか。

雪のようにも見えるしカビっぽくも見えるというように特定のものにしたくないんです。意図しないものにしたいと思っています。

---------

普段はあまり聞くことのない制作の裏側や作品に対する想い、、など貴重なお話しを聞く事ができました。ありがとうございました。

エンジニアリングトークは終わってしまいましたが、松尾氏本人が作品解説するギャラリートークを開催します!
◆ギャラリートーク 6/24〔日〕 14:00~ 予約不要(展覧会チケットが必要です)
幻想的な光の世界を体験しにいらして下さい☆

・・・・・information・・・・・
『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』
◆会期 開催中 ~6月26日[火] ※最終日まで休館日なし
◆入場料 一般400円、学生300円 
再入場可、高校生以下無料

[PR]
by artium | 2012-06-21 10:55 | 松尾高弘展
『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』スタート&関連イベント情報!
『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』スタートしました!
初日のオープニングレセプション、翌日のギャラリートークにはたくさんのお客さまにご来場いただき、ありがとうございます。
逃してしまったという方に今後の関連イベントをお知らせいたします!


★★関連イベント★★
会場は全て三菱地所アルティアム(イムズ8F)

■ギャラリートーク
 ギャラリー内をまわりながら作家による展示作品の解説を行ないます
日時:6月3日[日]・6月24日[日]14:00 - 15:00
料金:予約不要 (展覧会チケット必要)

■エンジニアリングトーク
 ギャラリー内をまわりながら技術面を中心とした作品解説を行ないます
日時:6月10日[日]14:00 - 15:00
料金:予約不要 (展覧会チケット必要)

■光とピアノのインスタレーションライブ
 光とピアノ演奏を融合させる新感覚のライブです
日時:6月22日[金]20:00~、
   6月23日[土]13:00~・17:00~(各回60分程度)
料金:1,000円 (展覧会チケット別途必要、1ドリンク付き)
※要電話予約:TEL 092-733-2050[三菱地所アルティアム]
※現在、予約受付中。残席わずか!お早めにどうぞ。



今回は体験型となっていますので何度でもお楽しみいただけ、また幻想的な空間にずっと留まっていたくなるような展覧会です。
本展チケットは一度ご購入いただくと、ご本人様に限り期間中何度でもご来場いただけますので、会期のお早めに来ていただいた方がお得です!
皆様お誘いあわせのうえ、ご来場下さい。




・・・・・information・・・・・
『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』
◆会期 開催中 ~ 6月26日[火] ※6月19日[火]休館日
◆入場料 一般400円、学生300円 
再入場可、高校生以下無料

[PR]
by artium | 2012-06-04 19:15 | 松尾高弘展
次回展覧会 予告 『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』 & 関連イベント
次回展覧会の予告と盛りだくさんの関連イベントのお知らせです。
今回もアルティアムカード会員特典のご案内があります!


次回アルティアムの展覧会は『松尾高弘展 LIGHT EMOTION』です!
詳細は三菱地所アルティアムwebサイトをご覧下さいませ。>>◆こちら

f0023676_1595844.jpg
▲『KOHRIN』(2011年)


■日時:6/2[土] - 6/26[火]OPEN 10:00-20:00 ※6/19[火]は休館日
■会場:三菱地所アルティアム[福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F]
■料金:一般400円(300円)、学生300円(200円)、( )内は前売り料金/チケットぴあ
     ※再入場可、高校生以下及びアルティアムカード会員は無料


関連トークイベントを開催します!
オープニングレセプション
作家を囲んでのレセプション
■日時:6/2[土]18:30 - 20:00
■料金:入場料無料・予約不要

ギャラリートーク
作家による展示作品の解説
■日時:6/3[日]・6/24[日]14:00 - 15:00
■料金:予約不要 (展覧会チケット必要)

エンジニアリングトーク
技術面を中心とした作品解説
■日時:6/10[日]14:00 - 15:00
■料金:予約不要 (展覧会チケットが必要)

光とピアノのインスタレーションライブ
光とピアノ演奏を融合させる新感覚のライブ
■日時:6/22[金]20:00〜、
6/23[土]13:00〜・17:00〜(各回60分程度)
■料金:1,000円 (展覧会チケットは別途必要、1ドリンク付き)
※要電話予約:TEL 092-733-2050[三菱地所アルティアム]※6/2[土]受付開始


そして、アルティアムカード会員さまに特典です!
★★アルティアムカード会員さま限定 先行予約受付!!★★
一般予約 6/2[土] 受付開始のところ、アルティアムカード会員さまに限り(同伴可)一足早い 5/27[日]~ 限定で先行予約の受付を開始いたします!(予約時に会員番号をお伝え下さい)
この機会に是非ご利用下さいませ。
申込電話番号: 092-733-2050[三菱地所アルティアム]




『石田徹也展』も残すところわずかです。お見逃しなく!!

・・・・・information・・・・・
「石田徹也 展」 —今を生きる、僕らの姿
◆会期 開催中 ~ 5月27日[日]
◆入場料 一般400円、学生300円 
再入場可、高校生以下無料

[PR]
by artium | 2012-05-25 13:58 | 松尾高弘展