会場の様子をいち早くお届けします!
カテゴリ:石田徹也展( 5 )
『石田徹也展』 ギャラリートーク 作品解説その②
開催中の『石田徹也展』。いよいよ明日5/27〔日〕までです!

ギャラリートークレポートの続きをお伝えします。
  ※前回までのお話し 
     >>◆ギャラリートーク 
     >>◆作品解説その①

*ギャラリートーク
【日時】5月13日(日)11:00〜
【会場】三菱地所アルティアム(イムズ8F)
【話し手】堀切正人氏(2012年3月まで静岡県立美術館・上席学芸員を経て4月より常葉大学教育学部准教授に就任)

(以下は堀切氏のギャラリートークから一部抜粋・編集したものです)
『登場人物について』
石田作品では全部、登場人物が同じ顔をしています。これは自画像ということですが、石田徹也の言葉によると”他人の自画像”と言っています。自分の顔を描いているのには違いないのですが、単に「石田徹也」という個人の自画像ではなくて社会全体のサラリーマンであるとか若者であるという両方の意味があると言っています。

f0023676_11514585.jpg
▲『燃料補給のような食事』(1996年)静岡県立美術館蔵

『最後の作品について』(※『無題8』として本展展示)
石田徹也の絶作です。亡くなった後、イーゼルに掛かったままになっていた作品です。何にもないテーブル、からっぽの絵の具箱、絵筆も持たずに呆然としている自分という姿。最後としては胸に迫る作品です。必死になって絵を描き続け、10年間で残された作品は約200点です。未完成のものはほとんどなく緻密に描き上げられていました。1ヶ月に1点ちょっと絵を描いていたということになります。こんなに緻密な絵を1ヶ月に1点ちょっと描くということが絵を描くことにどれだけの時間をさいていたかと想像できると思います。寝ても覚めても描いていたと思います。夜は日雇いの仕事をして、寝て起きたらすぐ絵を描いて、寝食を惜しんで絵を描いていました。遮二無二なって絵を描いていた人の最後の絵が何も描けない自分というのは、自分を見つめる眼差しが厳しすぎる、また真面目すぎるのではないかと思ってしまいます。
作家亡き今、我々は遺された絵から解釈するしかありませんが、よく見るとマスキングテープが残っているので、これをはがして何か描くつもりだったのかもしれません。空っぽの絵の具箱に絵の具を足したかもしれませんし、絵筆を持たせたかもしれません。
しかしながら、想像の域をでませんが、何も描けない自分を表そうとしたのではないでしょうか。描けない自分を誰かが見ている。何も描けない自分を見つめて亡くなられたということをどう解釈するかは人それぞれかと思うのですが、「何も描けなくなった・・後はもう死ぬしかなかったんだ」とネガティブに捉えるのではなくて、ネガティブな自分をきちっと見つめ続けていた石田徹也をみるべきではないでしょうか。もし石田さんが事故で死ななければこの絵を書き上げて、この絵をひとつの区切りとしてまた次の展開が始まったのではないかと思います。石田さんの絵を見ると社会を生きるのはつらい、サラリーマンはつらい苦しい悲しいと思ってしまいますが、石田徹也自身は人を暗くさせようとしてこういう絵を描いていたのではないと思います。むしろそれを踏まえたうえで次のステップを踏み出していくという、生きることに対するポジティブな考え方があったと思います。
色々考えさせられる絵ではありますが、必要以上に暗くならずに、つらい悲しいと涙をながしたりしながら、でも次のステップを踏み出していこうと訴えかけているのではないでしょうか。




石田徹也氏の生きた時代背景から内面までお話しいただいて、より深く石田徹也氏を知る機会となりました。堀切さん、ありがとうございました。
同じ時代を生きる私たちに色々と考えさせてくれる作品の数々です。
会期残りわずかとなりました。貴重な機会を緒見逃しなく!!

・・・・・information・・・・・
「石田徹也 展」 —今を生きる、僕らの姿
◆会期 開催中 ~ 5月27日〔日〕
◆入場料 一般400円、学生300円 
再入場可、高校生以下無料

[PR]
by artium | 2012-05-26 11:18 | 石田徹也展
『石田徹也展』 ギャラリートーク 作品解説その①
『石田徹也展』開催中です。
5月23日は石田徹也さんの命日でした。
たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございます。
会期はいよいよ今週 5/27(日)までとなりました!


さて、ギャラリートークレポートの続きをお伝えします。(前回は>>◆こちら

*ギャラリートーク
【日時】5月13日(日)11:00〜
【会場】三菱地所アルティアム(イムズ8F)
【話し手】堀切正人氏(2012年3月まで静岡県立美術館・上席学芸員を経て4月より常葉大学教育学部准教授に就任)

f0023676_10122083.jpg


(以下は堀切氏のギャラリートークから一部抜粋・編集したものです)
『飛べなくなった人』
東京のガ−ディアンガーデンで“ひとつぼ展”という展覧会のコンクールをやっています。ファインアートというよりはイラストレーション、サブカルチャー的な分野のコンクールで、それに応募して見事にグランプリをとりました。グランプリをとると一年後に個展をひらかせてくれるという特典があります。グランプリをとった作品のひとつが『ビアガーデン発』という作品で、一年後の個展の為に描いた作品が『飛べなくなった人』です。個展のタイトルが”飛べなくなった人”でしたので、石田徹也自身この作品が一番力の入った作品といえると思います。


f0023676_1014052.jpg
▲『飛べなくなった人』(1996年)静岡県立美術館蔵 

遊園地の飛行機の遊具とサラリーマンが合体しているという作品です。見た目はグレーの色調で暗い感じがします。遊具もぼろぼろになってしまってとても子供達が乗って楽しく遊べるような状態ではありません。そこにうらぶれたサラリーマンが合体しています。下書きのメモに「飛びたくても飛び立てない」とあり、社会のしがらみから離れて自由自在に思うがままに生きていきたいと思うのに、社会や人間関係にからみとられて飛び立っていけない。その中で卑下して疲れていくというサラリーマンのしがない生態を描いています。言葉にすると陳腐ですが、そういう状況を風刺した作品です。

一年前に応募した作品とはプロペラ機に合体するというところが図柄的には良く似ていますが、一年の間にずいぶん違う印象になっています。『ビアガーデン発』はちゃんと助けてくれる人が両脇にいます。赤くなってほんのりと酔っ払っている人を肩を貸して助けてくれて、まだ明るい感じがします。会社であったうさばらしをして飲んで酔いつぶれていますが、まだ家まで支えて送ってくれている人がいます。表情もまだにこっと笑っています。苦しいながらも皆で飛んでいこうよという前向きな感じが一年前にはします。ところが一年後に描かれた『飛べなくなった人』は助けてくれる人はいません。隣にもう一機ありますが、誰も乗っていなくて一人で呆然としています。顔も笑っていませんし、目もどこを見ているか分からないようになっています。
一年の間に石田さんの中でどういう変化があったのか想像するしかありませんが、非常に厳しく自分を追い詰めていく姿勢が強くなったのではないかと思われます。この賞をとったことによってプロの絵描きになると決めたのだそうです。就職活動も一切やめて、絵を描くことに専念されたということですので、非常に真剣に一年間で絵筆にかける想い、社会を見つめる目が厳しくなったのではないでしょうか。
また、この絵で面白いのは、飛行機の翼に描かれているマークがミッキーマウスのパロディだということです。調度このとき1990年代初めというのは東京ディズニーランドがオープンしたころです。世の中はバブルがはじけて、右肩下がりになっていくときにディズニーランドは大繁盛していました。一方、地方の遊園地は経営難になってどんどん潰れていっていました。ここで描かれているのはそういう社会背景も踏まえているのではないでしょうか。地方のうらぶれた遊園地としがないサラリーマン、就職氷河期など苦しい時代の社会背景を反映しているのです。しかし、非常に厳しくて、まじめで暗い絵ではありますが、笑えるユニークに感じる部分もあります。物に合体した人という構成が漫画チックに感じ、重たく言うとシュールレアリスティックというのかもしれませんが、シュールというよりは着ぐるみをきているようなお笑い番組のバラエティに出てくるようなイメージでもあります。社会を深刻に捉えるというよりはちょっと捻って面白おかしく見せながらアイロニカルに表現することを目指したのです。
このことについては、創作ノート(会場内に一部を展示)にも書かれてあります。生きることのつらさをストレートに出すのではなくギャグとか皮肉を込めて描きたいとあります。
つらいことを少し捻って出すことによって、逆に観る人にいろんなことを考えさせるという絵画的、表現的な効果を目指していたようです。
一年前と一年後の作品を見比べて鑑賞していただくと面白いのではないかと思います。




作品解説を聞いて、鑑賞するとまた違った見方もできて面白いのではないでしょうか。
会期残りわずかですのでお見逃しなく!!



・・・・・information・・・・・
「石田徹也 展」 —今を生きる、僕らの姿
◆会期 開催中 ~ 5月27日(日)
◆入場料 一般400円、学生300円 
再入場可、高校生以下無料

[PR]
by artium | 2012-05-24 10:39 | 石田徹也展
『石田徹也展』 ギャラリートーク
開催中の『石田徹也展』、先日開催しましたギャラリートークの様子を何回かに分けてレポートします!

*ギャラリートーク
【日時】5月13日(日)11:00〜
【会場】三菱地所アルティアム(イムズ8F)
【話し手】堀切正人氏(2012年3月まで静岡県立美術館・上席学芸員を経て4月より常葉大学教育学部准教授に就任)

f0023676_1772862.jpg
▲「市場」(1999年)静岡県立美術館蔵 の前でお話しされる堀切氏

(以下は堀切氏のギャラリートークから一部抜粋・編集したものです)
美術館で学芸員を長くやっていまして、そちらで石田徹也さんの作品を扱うことになり、担当をしておりました。
石田徹也さんが生きている間、2、3回お会いしたことがありましたが、その時は立ち話程度で深いお付き合いはありませんでした。亡くなられた後にご遺族から展覧会をやれないかという相談を受けて、静岡で展覧会を開催しました。その後、作品21点を静岡県立美術館に寄贈していただいて調査や研究をさせてもらっています。

石田徹也さんは1973年に生まれ2005年に31才で亡くなられました。
作家さんによっては生きている間から評価される方もいれば死んでから評価される作家もいて、石田徹也さんも死んでから評価されているように思われている方が多いかもしれませんが、生きている間も結構活躍されている方で、いろんなコンクールで大賞をとったリしています。それで私も知っていました。若手の作家としては、結構名前が出ていた作家です。不幸にして踏み切り事故で亡くなられました。亡くなられた後にNHKの「新日曜美術館」で大々的に取り上げられて、一般的な知名度も出ましたが、取り上げられたのは亡くなった翌年2006年だったと思います。直後は画集がすごく売れたり社会的に話題になったりとブームになり、そのブームは一時的に終るのかとも思っていましたが、石田徹也のファンの方たちがずっといらっしゃって、一過性では終らなかったようです。それはやはり石田徹也さんの絵に力があるんだろうと思います。実は石田徹也さんの個展が西日本で開催されるのは今回が初めてです。こういう形でアルティアムで開催できて本当に良かったと思います。

1973年オイルショックの年に生まれています。そして大学を出る1994年ごろバブルがはじけました。世代的にはロストジェネレーションとか失われた10年の世代という就職氷河期に生きた作家です。オイルショック、高度成長期が終って日本の右肩上がりの成長が終ってバブルがはじけて狂乱的な時代があって暗い時代がありますが、そういう時代に活動しました。そういった時代背景を元にして考えると石田さんの作品が暗い感じにみえるというのもしょうがないのかなと頷ける所もあります。ただ暗いけれども暗いだけでは終らないものが、作品には含まれています。暗いけれども暗くない別の部分というのもご説明していけたらと思います。




次回は作品解説をご紹介します。楽しみにしていらしてください。


明日5月23日は石田徹也さんの命日です。ご冥福をお祈りしながら作品をご鑑賞していただければ嬉しいです。
会期は今週の日曜日(5/27)までとなります。代表作や大作を直接観ることができる貴重な機会をどうぞお見逃しないよう!

・・・・・information・・・・・
「石田徹也 展」 —今を生きる、僕らの姿
◆会期 開催中 ~ 5月27日(日)
◆入場料 一般400円、学生300円 
再入場可、高校生以下無料

[PR]
by artium | 2012-05-22 14:22 | 石田徹也展
『石田徹也展』スタート&会場内風景!
『石田徹也展』スタートしました!
毎日たくさんのお客さまにご来場いただいています。ありがとうございます。

先日、高校の授業の一環としてたくさんの生徒さんたちにご来場いただきましたので、
生徒さんの様子とともに会場内をご紹介します。
f0023676_20323358.jpg
▲熱心にメモをとる生徒さん。

f0023676_2033191.jpg
▲本展ディレクターより作品解説を行いました。

f0023676_20332860.jpg
▲クロッキー帳に見入る生徒さん。

大きな作品が多く絵画の鑑賞だけでも見応えありますが、貴重なクロッキー帳から作家の息遣いまで感じられる展覧会です!
生徒さんたちも石田徹也氏の世界に刺激を受けている様子でした。


団体入場をご希望の学校等ございましたら、お問い合わせ下さい。
三菱地所アルティアム(092-733-2050)


関連トークイベントを開催します!
*ギャラリートーク
日 時 : 5月13日(日)11:00〜(30分程度)
会 場 : 三菱地所アルティアム(イムズ8F)
話し手 : 堀切正人氏(美術史家)
申 込 : 予約不要、入場料のみ必要です

*トークイベント「石田徹也の作品について」
 ー石田徹也とその作品に造詣の深い美術史家・堀切正人氏による作品解説
日 時 : 5月13日(日)14:00〜(90分程度)
会 場 : セミナールームA(イムズ10F)
話し手 : 堀切正人氏(美術史家)
参加費 : 300円(会場借用費として頂戴します)
申 込 : 三菱地所アルティアム(092-733-2050)迄、要電話予約
       ※現在、予約受付中。残席わずか!お早めにどうぞ。


・・・・・information・・・・・
「石田徹也 展」 —今を生きる、僕らの姿
◆会期 開催中 ~ 5月27日(日) ※5月15日(火)休館日
◆入場料 一般400円、学生300円 
再入場可、高校生以下無料

[PR]
by artium | 2012-05-02 20:41 | 石田徹也展
次回展覧会 予告 『石田徹也展』 & 関連トークイベント
次回展覧会の予告と関連トークイベントのお知らせです。アルティアムカード会員特典のご案内もありますよ★


次回アルティアムの展覧会は『石田徹也展』です!
詳細は三菱地所アルティアムwebサイトをご覧下さいませ。>>◆こちら

f0023676_1736496.jpg
『燃料補給のような食事』(1996年)静岡県立美術館蔵

タイトル : 石田徹也 展 —今を生きる、僕らの姿
会  場 : 三菱地所アルティアム(福岡市中央区天神1-7-11イムズ8F)
会  期 : 2012年4月28日(土) - 5月27日(日) ※5月15日(火)休館日
時  間 : 10:00-20:00
入 場 料 : 一般400円(300円)、学生300円(200円)、( )内は前売り料金/チケットぴあ
     ※再入場可、高校生以下及びアルティアムカード会員は無料
主  催 : 三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後  援 : 福岡市、福岡市教育委員会、(財)福岡市文化芸術振興財団
協  力 : 静岡県立美術館
展示協力 : 花田伸一(キュレーター)


関連トークイベントを開催します!
*ギャラリートーク
日 時 : 5月13日(日)11:00〜(30分程度)
会 場 : 三菱地所アルティアム(イムズ8F)
話し手 : 堀切正人氏(美術史家)
申 込 : 予約不要、入場料のみ必要です

*トークイベント「石田徹也の作品について」
 ー石田徹也とその作品に造詣の深い美術史家・堀切正人氏による作品解説
日 時 : 5月13日(日)14:00〜(90分程度)
会 場 : セミナールームA(イムズ10F)
話し手 : 堀切正人氏(美術史家)
参加費 : 300円(会場借用費として頂戴します)
申 込 : 三菱地所アルティアム(092-733-2050)迄、要電話予約(4/18~予約受付開始)

そして、今回はアルティアムカード会員さまに特典があります!
★★アルティアムカード会員さま限定 先行予約受付!!★★
一般予約4/18(水)~受付開始のところ、アルティアムカード会員さまに限り(同伴可)4/9(月)~限定で先行予約を受付開始いたします!(予約時に会員番号をお伝え下さい)
この機会に是非ご利用下さいませ。
申込電話番号:三菱地所アルティアム(092-733-2050)



開催中の展覧会は『蜷川実花・宏子 二人展』【~4/22(日)まで】です。
桜は散り始めましたが、展覧会場内はまだまだ満開ですよ☆(展覧会レポート>>◆こちら)
みなさんのご来場お待ちしております♪♪

・・・・・information・・・・・
「蜷川実花・蜷川宏子 二人展
 写真とパッチワーク・キルト、母と娘のコラボレーション」
◆会期 開催中 ~ 4/22(日)
◆入場料 一般400円、学生300円 
再入場可、高校生以下無料

[PR]
by artium | 2012-04-09 17:44 | 石田徹也展