「ほっ」と。キャンペーン
会場の様子をいち早くお届けします!
カテゴリ:横山裕一展( 6 )
横山裕一展 グッズご紹介!
横山裕一展の会期も残すところあとわずかとなりました。
今回は、横山裕一展関連グッズのご紹介します。


併設ショップでは、横山氏の著作の数々を販売しています。
中でも注目は、こちら!
9月3日に発売されたばかりの『 カラー土木 』(4,200円)です!
全204ページに、多彩なタッチと色使いが贅沢に織り交ぜられた大作です。
f0023676_13275082.jpg

さらに、『 カラー土木 』+原画の特装本(10,500円)がこちら!
150部限定です!残りわずかとなっております。
f0023676_13331567.jpg



そして次にご紹介するのが、野心的実験作である『ベビーブームファイナル』。
これは約2年をかけて横山氏が描き溜めてきた原画を高濃度蛍光色を使用し刷り上げた、とても貴重な作品集となっています。エディション№入り。
f0023676_13364574.jpg

そしてなんとこの本にも、限定で原画付特装本が存在します!
原画作品はB2サイズの大きなものになります。
気になる方は、アルティアムにて原画をお見せいたします。



そして最後に、ベビーブームTシャツ。
前面・背面に描かれた公園の中の至る所に、『ベビーブーム』の登場人物が出没しています。
白(3,150円)、ピンク(4,830円)の2種類です。
サイズは、S・M・L。
f0023676_1510798.jpg

f0023676_1563184.jpg



※ご購入の方に嬉しい特典が!※
横山展グッズを合計1,000円以上お買い上げの方に
横山氏の描いた下絵を差し上げています。(金額によって選べる種類は変わります)
対象商品は、書籍・Tシャツです。

下絵は、構想段階で描かれたものや、ここアルティアムで描いてくださったものなど
種類はさまざま。A4用紙のものもあれば、チラシの裏に描かれたものもあります。
人物画もあれば、セリフのみのものも有り。
とても面白いので、皆さまじっくり時間をかけて選んで行かれます。
f0023676_13512443.jpg

f0023676_14584471.jpg



夢のような世界観で淡々と鋭く「時間」を描く横山氏。
その注目の展覧会は、10月2日(日)まで
お見逃しなく!
[PR]
by artium | 2011-09-29 15:15 | 横山裕一展
横山裕一 トークイベント&質問相談会 ~前半~
9月11日(日)に関連イベントとして開催された『横山裕一 トークイベント&質問相談会』の様子をご紹介します。

作品について1コマ1コマ解説をしていただきました。制作の過程や作品誕生の秘話なども包み隠さずお話ししてくださり、会場は和やかな雰囲気でした。
f0023676_19395812.jpg



横山さんにお話しいただいた作品解説の一部をご紹介します!
(「」内は横山さんの解説から一部抜粋・編集したものです)

『土木』
横山氏にとっての漫画
「漫画のいいところは色をつけなくていいところ。場面をたくさん描いたら時間を追って描いていくことができる。普通、漫画というものは連載とかあって描くものなのだが、僕は連載はほとんどやったことがなくて、やってもあんまりうまくいかない。これは連載ではなくて10年か11年前くらいに自分で好んで空いている時間に描いていたもの。もし僕が何かの理由でもう漫画を描けなくなったら、これが最高傑作だろう。(あまり不吉なことは言わないようにしよう。。)」


f0023676_1245529.jpg
『NIWA』
登場人物
「だんだん登場人物が増えていく。最初は5人くらいだったが、最後は何百人にもなっていく。意地になってだんだん同じ人は出さないぞ。何人か共通して出してもいるが、毎回みなれないやつをいれようとした。
壊れた柵から庭の中に入っていくと、訳の分からないものがいろいろある。子どもの遊びのようなもの。子どもはいろいろなところに潜入する。工場、墓地。僕も子どもの頃は色んな所に潜入したりした。入ると何をしているか分からないいろいろなものがあって。子どもはみつからないように身を低くしてそれらを見て回る。そういう興奮度の高い子どもの遊びをやっているというイメージ。
男たちが順番に照らされている場面がある。子どもの頃のヒゲ剃りや男性用化粧品のポスターで強烈な光を浴びた男がよく使われていた。その影響が強い。僕もこういう大人になりたいなと思っていた。強力な光を浴びるという憧れを描いている。
光を浴びるとものの立体感が鮮明になってそこが楽しい。本当はページに余裕があれば参加した全てのキャラクターをこれで描きたいくらい。大勢照らされてコンサート会場のように。“未知との遭遇”にああいう場面があった。」



f0023676_19372038.jpg
『ベビー』
誕生秘話
「可愛いものが描きたくなって始めた。いかに可愛いものを描けるかということ、そこだけに興味を持って描いた。何をしたら可愛いかどのくらいの大きさで描いたら可愛いかとか。ある意味、邪道と言えば邪道なんだけれども、こちらのほうが描いていてつらい。可愛く描けないと大変なことになるので。
最初、白黒で描いていた。“ウェブデザイニング”という雑誌から連載の依頼がきた。『トラベル』、『NIWA』みたなものを描いて欲しかったみたいだが、どうしてもこれがやりたいといったら、しょうがなくやらせてくれた。だけどこれは白黒で描いたらすごく汚かったので、なんとかしてくれと言われてカラーにしてはどうかということになった。毎回、2色使うというルールでやった。蛍光ペンで描いていたが、光に弱いことがわかった。黄色とかピンクは数時間で消えてしまうので失敗だった。守っていかなければいかないものはすごくイヤなもの。気を遣わないといけないのはいやだ。」

苦労話
「顔を描いていると可愛く描けなくて何度も何度もやり直ししていく。だんだん顔ノイローゼみたいになってくる。しんどかった。一番描くのがつらかった。むずかしい。」


『トラベル』
「いろんなところで説明をしたことがあるが、10年間くらい毎年夏になると電車で各駅停車で6、7時間かけて京都にいく。風景を電車から見ていて、それをどうにかしたいと10年間考え続けていて
それを話にした。」

時代も国も越えた世界観
「色んな人が出てくるが、何の時代か分からない東洋か西洋か分からない。未来なのか過去なのかもわからない、別の文明かもしれない。なんにでも見てとれるものにしたいと思って、なるべくニュートラルな、普通なんだけどちょっと変な感じなものにしたかった。例えばスーツを着ているのだが、ズボンの下に長靴を履いているので長靴の形にズボンが膨らんでいる。普通のサラリーマンはこんなことはしないと思うが、この文化の価値観ではこれがかっこいいとされている。
また別の男は頭を剃っているけれど老人ではない。けれど剃っている。こういう文化もそのうち来るかもしれない。今の若者は頭頂部を剃るなんてありえないけれども、この文化ではそれがかっこいいとされている。」
f0023676_12452736.jpg
理想的な場面
「男がタバコをくわえて火をつける迄の一連の動きは、ある意味、僕の漫画の理想がここに込められている。タバコをくわえるなんてなんでもどうでもいいことを描いている。意味なんてないこと。コマとコマの間が2秒ずつになっている。これは非常に理想的な形。これで全部漫画が描けたら本当に素晴らしいことだ。なかなかうまくはいかないがある意味これは理想通り。例えばこれが一般の漫画だと、突然コマとコマの間が1時間あいたり1日あいたりする。僕はあれが許せない。明日また会おうと言ってここで別れて、次の日の朝になっていたりする。それがすごく許せない。僕だったら、明日また会おうぜって言ったら、その日の晩もずーっと描かなければならない。僕の漫画には切れ目がない。トラベルには一切切れ目がない。ずっと2秒間隔です。計算したら何時間何分って出るかもしれない。実はすごく短い話かもしれない。これはある意味理想的なページ展開である。」
続編は船旅!?
「これを描いた時は、もう辞めてもいいかなと思ったくらい疲れた。本当に見ていても疲れる。だが今は、できれば10年以内に続編を描きたいと思っている。こいつらが船に乗ってどこかに行くというもの。船旅を僕はしたことがないので取材をしないといけない。車でもどこかに行かせたいが、僕が車を運転できないので、あまり描けない。難しいです。」




本展は今週末10月2日(日)が最終日です。
一部作品の入れ替えを行い”アイデアデッサン(人物)”を展示中です。ぜひご来場ください!
[PR]
by artium | 2011-09-28 19:42 | 横山裕一展
横山裕一×ガチャリティ!
横山裕一展がスタートして数日。
今回は、アルティアムのみの限定グッズ『横山裕一ガチャリティ』をご紹介します!
『ガチャリティ』とは、、「ガチャガチャ」を使って様々なクリエイターの作品を販売し、
その利益の全てを日本赤十字社を通して東日本大震災の被災地におくるプロジェクト。
6月11日、第1弾がアルティアムよりスタートしました。

ガチャリティ第4弾となる今回は、横山さんの著作「ベビーブーム」から
厳選された場面を14種類の缶バッジにしました!
そして来場された作者の横山さんも早速チャレンジしてくださいました。
コマ送りでどうぞ!



①機械に300円を投入。
f0023676_1871011.jpg


②回す。
f0023676_18151378.jpg


③横の排出口から転がり出たケースを捕らえる。
f0023676_1884444.jpg


④開けて確認。
f0023676_189870.jpg


⑤このように全14種類!
f0023676_1893284.jpg


ベビーが海に!
ベビーがお風呂に!
ベビーがディスコに!
全種類集めたくなるようなこの可愛さ!
お気に入りのひとコマはありますか?
期間限定、個数も限定です。みなさま、お求めはお早めに!
[PR]
by artium | 2011-09-14 18:16 | 横山裕一展
「横山裕一展」スタートしました!
「横山裕一展」が9/10よりスタートしました!
会場内をチラッとご紹介したいと思います。

まず、入ってすぐ目に飛び込んでくるのはカラフルな人物画のペインティングの展示です。
f0023676_1245979.jpg


奥へ進むと・・・
f0023676_128853.jpg


靴を脱いでおくつろぎいただけるスペースもございます!こころゆくまで横山さんの漫画をお読みいただけます。
f0023676_1294430.jpg


併設のショップでも横山さんの漫画、Tシャツなど取り揃えております。特におすすめは「カラー土木」です。通常版と特装版があります。特装版はオリジナル原画付で150部限定となっております。
f0023676_1455467.jpg



そして、オープニングレセプションにはたくさんのお客様にご来場いただきました。
横山さんからひとことご挨拶をいただきました。
f0023676_1485368.jpg

その後、一人一人に丁寧にサインをされていました。
f0023676_14103331.jpg


9/11に開催したトークイベント&質問相談会の様子は近日中にレポートしますので、楽しみにお待ちください。
[PR]
by artium | 2011-09-12 15:45 | 横山裕一展
横山裕一トークイベント&質問相談会開催決定!
9月10日(土)からアルティアムでスタートする「横山裕一展」のチラシが完成しました!

f0023676_1514585.jpg

9月10日には横山氏を囲んでのオープニングレセプション、翌11日には、「横山裕一トークイベント&質問相談会」を開催します。
皆様、ぜひご参加下さい!


★オープニングレセプション:9月10日(土)18:30-20:00<入場無料/予約不要>

★横山裕一 トークイベント&質問相談会:9月11日(日)14:00-16:00
横山さんへの質問大募集!
ハガキor封書or電子メールで三菱地所アルティアムまでお寄せください。
<三菱地所アルティアム>
・住所:〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
・電話:092-733-2050
・メール:info@artium.jp

※イベント参加ご希望の方は、お電話にてご予約下さい
※イベント終了後、サインをご希望の方は横山さんの著書をご持参下さい。
併設ショップでもお買い求めいただけます。
[PR]
by artium | 2011-08-08 15:23 | 横山裕一展
Up Coming Exhibition
横山裕一展
2011年9月10日(土)→10月2日(日)
会期中休館日なし
f0023676_1620969.jpg

未来的な景観、
スタイリッシュな人物、
大胆なオノマトペ、
疾走感溢れる展開。

横山裕一自ら「ネオ漫画」と評する漫画作品は、アート、デザイン、建築など、ジャンルを問わず国内外で爆発的な人気を誇っています。
九州初の個展となる本展では、時間と空間が織りなす「ネオ漫画」の世界観をお楽しみいただくとともに、その創作の秘密に迫ります!
皆様どうぞご期待下さい!
f0023676_1624376.jpg

[PR]
by artium | 2011-07-01 16:25 | 横山裕一展