会場の様子をいち早くお届けします!
カテゴリ:石田智子 露地( 4 )
石田智子「露地」 感想帳より
f0023676_11143013.jpg

「まるで雲の上を歩いているよう」
「天国みたい…」
「大海原を前にしたような気持ち」

様々な感想が寄せられている、石田智子さんの展覧会。
連日たくさんのお客様にご来場いただき、多くの方が受付で感動の言葉を述べられます。
中には、受付のスタッフを通じて間接的に石田さんと握手をしたいと申し出る方も…。

今日は、そんな熱い思いでいっぱいの感想帳の中から、いくつかご紹介いたします。

◇こんな世界があるんだなと思いました。一つ一つの丁寧な作業に感動し、時間が止まったような感覚になりました。いっそこの空間に住みたいほどです。
少し嫌なことがあった時、目をつぶって見える世界がこの世界なら、少し楽になる気がします。

f0023676_1115029.jpg

◇心の空にいるようでした。無になれる空間、すてきすぎました。

◇数えきれない程のこよりの存在に圧倒されました。作品の、触れたら崩れてしまいそうな繊細さが好きです。そしてあの空間にはしる言い様のない緊張感に背筋が伸びました。

◇きれいな空間でした。一本一本は弱いものですが、集まれば強いものに感じます。空中に浮いているような感じがとても美しいです。

◇心に積もった何かがおりていくような心持ちになりました。作品はもちろん、パネルの文も素晴らしいものでした。見に伺って幸せでした。

f0023676_1118228.jpg

◇こよりの大海原にただ圧倒されました。旅立つ前に無理して見に来て本当に良かったです。

◇心の空にいるような感じがしました。人間の心細さを感じた。小さなものを重ね合わせ、大きなものになっていくという素晴らしさも感じた。

◇こよりという言葉に惹かれて伺いました。
一本一本が支えあっている様。私も同じだなぁと涙が出ました。これからの人生、私もこうやって支えあっていきたいと確信しました。

◇拝見した瞬間。「すごい!」と思うのと同時に、心がすーっと洗われていくような気持ちになりました。少しずつの作業の積み重ねがとても素晴らしいものになることに感動しました。

◇幼い頃、父がこよりを上手により、教えてもらうがなかなか上手くよれなくて、それでも上手上手とほめてもらった思い出があります。懐かしく拝見させていただきました。

◇大切な友人に見せたくなりました。きっと言葉以上の感情を受け取ってくれる筈。まるで写真のように、一瞬一瞬が込められている…
天の川のような流れ、静けさ…見ていると、いろんな思いを自分の中に見つけました。
f0023676_11183654.jpg

石田智子展は、6月6日まで!
[PR]
by artium | 2010-05-31 11:19 | 石田智子 露地
石田智子 露地 オープニングレセプション&ギャラリートークからお届けします

「石田智子 露地」開催より明日で一週間。

今日は、23日(日)に行われました、オープニングレセプション&作家によるギャラリートークの様子をお届けします!

f0023676_1739611.jpg


今回の飲み物とお菓子は、石田さんの作品に合わせて「和」をテーマにご準備いたしました。

石田さんからの差し入れで、お住まいの福聚寺(福島県)に咲く樹齢約四百年の桜から作ったという貴重なお酒もふるまい、会場は作品につつみ込まれるように和やかな雰囲気に・・・


若草色の着物を着た石田さんが、にこやかに11万本の紙縒りをつかった作品の前に立ち、ギャラリートークが始まりました。


f0023676_17412556.jpg



会場の皆さんから、とめどなく質問が溢れます。

ひとつひとつ真摯に、また明るい気さくなお人柄でユーモアたっぷりに答えられる石田さん。


元々は京都の大学で染織を学んでいた石田さん。表現する素材を紙縒りに変え、インスタレーション作品を発表し始めたのは、結婚し、お寺という非常に忙しい環境に身を置くことになってから。


(紙縒りについて)お寺では包装紙として身近な存在だったため、これを使って作品を生み出すことができないかと考えたのが原点。

紙縒りなら、短い時間で作業できて、人に呼ばれたらすぐに中断できる。まとまった時間と大きなアトリエがなくても、どうすれば制作できるかを考えていったところ、今の表現になっていった。


f0023676_17405867.jpg





お寺という日常がとても忙しい環境でも、日々のわずかにできる限られた時間で制作してこられた石田さん。優しいお人柄の中にも、制作への意志が強く感じられました。




連日、ギャラリーが開く10時からたくさんのお客さまにお越しいただいております。

会期が6月6日(日)までと短いのでお見逃しなく。皆さまのご来場をお持ちしています!
[PR]
by artium | 2010-05-29 17:20 | 石田智子 露地
石田智子「露地」 本日よりスタート!
石田智子展「露地」本日よりスタートしました!
写真は、会場で展示作業をする石田智子氏。
f0023676_12592323.jpg

会場には、11万本を超える紙縒り(こより)が織りなす幻想的な空間が広がっています。
ぜひお立ちより下さい!

入場無料、6月6日(日)まで
☆本日18時よりオープニングレセプションを開催!
[PR]
by artium | 2010-05-23 13:00 | 石田智子 露地
Up Coming Exhibition
石田智子 露地
2010年5月23日(日)~6月6日(日)
f0023676_16342631.jpg

紙を紡いで作った紙縒り(こより)による作品で、国際タピストリー・トリエンナーレ大賞、リリアン・エリオット賞など、国際的に高く評価されている石田智子。

本展では、大量の紙縒りをつかった最新のインスタレーションを制作し、発表します。
願い事の短冊を笹に結ぶように、ひとつひとつ丁寧に作られた紙縒りが組み合わされ完成する巨大なインスタレーションは、幻想的で優美な世界を見せてくれることでしょう。
ぜひこの機会に、ご来場下さい。

☆入場無料

※タイトルの「露地」とは、命が身にまとってしまったものを脱ぎ捨てていくところを示す言葉です。

[PR]
by artium | 2010-04-20 16:48 | 石田智子 露地