会場の様子をいち早くお届けします!
カテゴリ:二人のファーブル( 9 )
感想帳が昆虫図鑑に!
会場に訪れた人たちが、展覧会を見ての感想や思いなどを綴る感想帳。
本展の感想帳は、皆さんの大好きな昆虫たちでいっぱいになっています!
f0023676_18193764.jpg
f0023676_18194669.jpg
f0023676_18195662.jpg
f0023676_1820596.jpg
f0023676_18202978.jpg
f0023676_18203783.jpg
f0023676_18204982.jpg

f0023676_18214616.jpg
f0023676_18215411.jpg

リアルな昆虫、空想上の昆虫、思わず笑ってしまうような、可愛らしい昆虫…。
特に子どもさんに大人気で、中には何度も消しゴムで消し、描き直しながら、1時間近い時間をかけて完成させた子も…。完成までじっと待つ親御さんの姿にも、心が温まります。

これまで、こんなにも絵で埋めつくされる感想帳はありませんでした。
昆虫好きな皆さんの観察眼の鋭さ、子どもたちの想像力の豊かさに、日々驚かされています。



<おまけ>
f0023676_18332843.jpg







「恋に落ちたニワ…!」
[PR]
by artium | 2008-12-26 18:33 | 二人のファーブル
はにわのファーブル展鑑賞 後編
「やっと飛び方のコツをつかんだニワ!もうバッチリ作品も見えるニワ!」

f0023676_1563659.jpg



二人のファーブルが交差する壁面や…







f0023676_157290.jpg




ジャンの生涯を辿った映画






大好きなふんころがし…
f0023676_1572364.jpg

「はにわはふんころがし(別名:スカラベ)に人生の縮図を見てるニワ!
『ふんを丸めて転がしながら、えっさ、えっさ 運んで来たら…。
ずるいスカラベ待ち伏せしてて、ふん玉のっとり、ころころころ。
玉を取られたスカラベさんは、すごすごもどるふんの山(“ファーブル昆虫記の虫たち”より)』
…どこの世界も厳しいニワ!」


「受付の前だけは、地上30cmのまま通過するニワ~!(内緒ニワ)」


受付:あっ!変な虫!
f0023676_15135388.jpg



「アッ!」






f0023676_15162578.jpg


「ヤー!!
負けないニワ!負けないニワよ~!!」





受付:入場料をお支払い下さい!!
[PR]
by artium | 2008-12-22 16:00 | 二人のファーブル
九州大学の皆さんが来場されました!
f0023676_1844087.jpg

先週、好評開催中の「二人のファーブル」展に、九州大学 芸術工学部の皆さんが授業の一環で来場されました。



引率して来られた片山先生は、
「ヤン・ファーブルもジャン・アンリ・ファーブルも、分野にとらわれず様々な表現をしている人。アートでも何でも、表現の根本は同じではないかと思います。今回は学生たちに、領域を越えて表現していくということを考えてもらえればと思っています。」
と語って下さいました。





時折質問を交えながら、静かに作品に見入っていた学生の皆さんにも感想を聞きました。

「『昆虫記』のドローイングの美しさにびっくりしました。あの、線の美しさ。
どういう過程で描かれているのか気になります。昆虫を正確に再現するものというより、美しいイラストレーションとして、一般の人も惹き付ける作品だと思いました。どんな道具を使ったのかも見てみたいです。」

「『昆虫記』がなければ、ヤン・ファーブルは昆虫をテーマにした作品は作らなかったかもしれない。時代を越えてアーティストに影響を与え続けている『昆虫記』とファーブルのすごさを、改めて知りました。」

研究者だけでなく幅広い人たちに受け入れられ、今なお多くの子どもたちを夢中にさせている『昆虫記』。本展は、小さいころ『昆虫記』に夢中になったその理由を確認できるような展覧会です。
ぜひ足をお運び下さい!

☆会期は来年1月4日まで!
[PR]
by artium | 2008-12-21 18:16 | 二人のファーブル
はにわのファーブル展鑑賞 前編
f0023676_1782495.jpg

ブーン!

「今日は、このアポロ蝶の羽で、ファーブル展を満喫するニワ!モスラじゃないニワよ~!」







「地上30cmの世界ニワ!」
f0023676_1775382.jpg

f0023676_17174963.jpg





「おかしいニワ…


行けども行けども壁ばかり…!」


f0023676_17114812.jpg




はにわよ


高く

高く飛べ!



「…か…体が重いニワ…」
[PR]
by artium | 2008-12-14 17:48 | 二人のファーブル
【ショップ便り】ファーブル昆虫記フェア開催中!
f0023676_16533648.jpg
ショップでは今、よりファーブルの世界を楽しめる「ファーブル昆虫記フェア」を開催中です。
関連書籍やオリジナルポストカード、蝶をモチーフにしたステーショナリーなどを好評販売中!
商品の一部をご紹介ます。



●ファーブル昆虫記をモチーフにした絵本各種 ¥1,470~
●展覧会図録 ¥1,500
●ふわふわと舞う蝶のオブジェ ¥1,260









f0023676_16551747.jpg

●オリジナルポストカード各種 ¥100
●完訳 ファーブル昆虫記 ¥2,940








f0023676_1655571.jpg
蝶をモチーフにしたD-BROSのステーショナリーも好評です。蝶を象った付箋紙やブックマーカーなどは、贈り物にも人気の商品。

●メッセージを蝶にのせて…付箋蝶 ¥2,940
●まるで本に蝶が止まったように見えるブックマーカー ¥682




f0023676_16563463.jpg


カップを取ると、羽を休めている蝶が隠れています。上品なティータイムに。

●カップ&ソーサー ¥12,600





ちょっとしたクリスマスのプレゼントにもどうぞ☆
[PR]
by artium | 2008-12-12 17:34 | 二人のファーブル
昆虫博士登場!
会場には、小さな昆虫博士にもたくさんご来場いただいています。

f0023676_14111043.jpg
「ファーブル昆虫記に載っている、本物の絵が見れて良かった」
と受付で語ってくれたのは、写真の男の子(8歳)。
今年の夏休みには、お父さんと初めての標本を制作したそう。
「ミカドアゲハも標本にした。これは東京じゃ採れないから、向うの人はうらやましがるんじゃないかな。羽はボロボロだったけど…あとね東京の…」
話は尽きません。





昆虫の話になると大人顔負けの子どもたちに、引っ張られるように鑑賞する保護者の方、また、昆虫に詳しいお父さんに色々とレクチャーを受ける子どもさんなど、会場では心温まる光景をよく見かけます。
f0023676_1483738.jpg

来年は、『ファーブル昆虫記』第一巻が刊行されて130周年という記念の年。
この機会にぜひ、時代を越えて多くの人々を魅了するファーブルの『昆虫記』とその生涯に、思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

併設のショップでは、『完訳 ファーブル昆虫記 全10巻』をはじめオリジナル絵葉書や絵本なども販売中!その様子は次回の「ショップ便り」にて。
[PR]
by artium | 2008-12-09 14:14 | 二人のファーブル
「二人のファーブル」スタート!
f0023676_15195719.jpg

写真は、会場入り口の様子です。
会場には、『昆虫記』に用いられた挿絵や写真など、貴重な資料を一堂に展示しています。
挿絵として描かれた昆虫の、線の美しさ、繊細さ…。
このお客様のように、作品の細部まで、覗き込むようにじっくりと鑑賞されている方の姿をよく見かけます。

ジャン・アンリ・ファーブル(『昆虫記』著者)の息子、ポール・アンリ・ファーブルが撮影した写真からは、その加工の跡までも見ることができます。
彼は、当時まだ肖像を撮る用途が一般的だった写真を利用して、昆虫の生態を記録。読者が理解しやすいよう、写真の上に加筆や彩色を施しました。これらの作品は、『昆虫記』を普及させる上で大きな役割を果たしただけでなく、ネイチャーフォトの先駆けとなる作品として高い評価を受けています。
ぜひ会場で、その手の跡までもご覧下さい。

この週末、会場には、“小さな昆虫博士”にもたくさんご来場いただきました!
中には、受付で持論を披露してくれる子どもさんも…。将来が楽しみです。
そんな会場の様子は、また次の機会にご紹介します。
[PR]
by artium | 2008-12-01 15:22 | 二人のファーブル
アポロ蝶のチラシ☆
f0023676_10244633.jpg
次の展覧会「二人のファーブル」のチラシ、ポスターが完成しました!チラシはアポロ蝶の形に切り取られた、可愛いデザイン。
ただ今会場にて配布中です。


おや、はにわが早速新しいチラシを見に来たようですよ。




ジャーン!
f0023676_10254565.jpg



「蝶になったニワ…!!」





触覚の位置もぴったりです。
[PR]
by artium | 2008-11-10 15:06 | 二人のファーブル
Up Coming Exhibition
昆虫に魅せられた二人のファーブル
ヤン・ファーブル(現代美術作家)とジャン・アンリ・ファーブル(『昆虫記』著者)の展覧会

会期:2008年11月29日(土)~2009年1月4日(日) *12月31日、1月1日は休館日
f0023676_1029466.jpg
(C)Philippe Caron/Archives Delagrave,Paris

三菱地所アルティアムでは、日仏交流150周年を記念し、昆虫を対象に異なる分野で研究と制作を重ねた二人のファーブル - ジャン・アンリ・ファーブルとヤン・ファーブルによる展覧会を開催します。この展覧会では、昆虫 - なかでもとりわけスカラベ・サクレに魅せられ、昆虫の生態や変態過程、自然一般へ共通した関心を持つ二人が、化学、現代美術という分野と世代を越えて交差します。

詳細はホームページにて!
ご期待下さい!
[PR]
by artium | 2008-10-18 15:48 | 二人のファーブル