会場の様子をいち早くお届けします!
カテゴリ:AQFF/アジアのクイア映画祭( 41 )
短編ループ<平日・偶数日の上映作品>

平日の昼間は短編作品をループで上映しています(10:00〜18:30まで)。入れ替え制ではないので、いつでも都合の良いタイミングでご来場下さい。偶数日には「父の面影」、「ジャスト★ラブ」、「真昼のゴースト」、「女たち」の4作品をご覧頂けます。
●短編ループ作品一覧 / ●奇数日の上映作品

f0023676_16533728.jpg

父の面影
インドネシア/2005年/15分/実験
http://www.fridayni8htfilms.com/still

■解説
家出をした少年が大人になる過程の記録。悩める魂が自己を発見し、父親を受け入れて結びつくまでにたどる体と心の変遷を追う。周囲になじめない十代のゲイ男性ガイは、怠惰で何の変化もない生活から抜け出すために家を飛び出す。ガイには生きる目的がわからず、愛の代わりになる人とのつながりを切実に求めている…。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:ラッキー・クスワンディー

*監督プロフィール:
Berlinale Talent Campusを卒業してまもないラッキー・クスワンディーは、パサデナにあるアート・センター・カレッジ・オブ・デザインで学び、2003年に映画制作で美術学士号を取得。これまでに短編映画を4本監督し、現在は初の長編映画『In the Absence of the Sun』に取り組んでいる。同長編は、権威あるProduire Au Sud(バンコク)2006で最優秀企画賞を受賞し、2006年末のProduire Au Sud(ナント)に出品予定。

*作品履歴:
2006年 In the Absence of the Sun
2005年 父の面影
2005年 Black Cherry
2004年 Marie!
2003年 Love Ridden

f0023676_16561722.jpg

ジャスト★ラブ
香港/2005年/30分/ドラマ+ドキュメンタリー

■解説
ホイはお花が大好きなシャイな女の子。アリンは元気で明るい女の子。ボクササイズ教室で出会った二人は、少しずつ仲良くなるうちに…。この想いは恋?戸惑いとドキドキが交錯する日々。香港で暮らす二人の女の子の恋の過程を描いた秀作!
監督のコメント
「香港の同性愛映画、特にレズビアン映画にシリアスな作品はめったに見られない。私は、映画は歴史を変えられると強く信じている。香港に住むレズビアンの実生活を明らかにするために、作品は物語とドキュメンタリーが組み合わされている。二人の女の子のラブストーリーは、あなたに女の子同士の恋がどんなものかを教えてくれるだろう。また、単独インタビューを通し、3人の女性が同性と恋に落ちる気持ちを伝えている。愛は説明のつくもの、心理学的に説明できるものだ。2人の女性の間にある愛は、異性同士の愛と同様に自然なものである。それは愛にほかならない。」

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:フン・キン・ロン

*監督プロフィール:
映画に恋したフン・キン・ロンは脚本、カメラ、監督、編集、これらをやらずにはいられなかったという。彼女の初の短編である「ジャスト★ラブ」は2005年のベルリン・アジア太平洋映画祭にて上映された。

*作品履歴:
2005年 ジャスト★ラブ

f0023676_16581749.jpg

真昼のゴースト
タイ/2003年/10分/ドラマ

■受賞歴
・Best Film-The Film in U 2004
・The Vichitmatra Award-Thai Short Film and Video Festival 2004
・The 2nd Runner Up & Popular Voted-ZEN Short Horror Films Festival 2003

■解説
幽霊となった若者が、素敵な男を追い回す。
この世の中、誰も死にたい者はない。死後どうなるか、知る者もない。これは、人生最大の危機に遭いながら、ハッピーに生きる術(すべ)を見つけた若者の話。学寮住まいの大学生・ポップはある日、寮仲間がマスをかいている現場を偶然、目にする。それがポップの運の尽き!よく見ようとつい身を乗り出しすぎて、ベランダから転落!死にたくないのに、迷える幽霊になる筈などなかったのに、ポップは死んじゃった。さて、幽霊が隣にいても、人間には分からない。風呂にトイレに睡眠中、自分一人と思っていても・・?バスルームにいる時に、こんな幽霊がどんな手出しをしているやら。死んでしまえば、人目に触れぬ。ポップの時代がやって来た!ポップと一緒に、迷える幽霊のオイシイところを見ちゃったら、死後の世界も怖くない!?

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:タャート・ダットサテェーン、ピサーン・セェーンチャン

*監督プロフィール:
タャート・ダットサテェーン
23歳。1982年5月生まれ。タイ国立カセサート大学で工学士号を取得。2000年に『The Coin』を初監督後、現在まで短編映画を撮っている。
ピサーン・セェーンチャン
28歳。タイ生まれ。タイ国立カセサート大学で理学士号(食物学)を取得。初監督作品『Ouch!』を皮切りに、現在まで短編映画を撮っている。

*作品履歴:
タャート・ダットサテェーン
2003年 真昼のゴースト
2003年She
2003年Ouch !
2003年Imagine
2001年MV: Adventure
2001年The Coin

ピサーン・セェーンチャン
2003年 真昼のゴースト
2003年She
2003年Ouch !
2003年Imagine

f0023676_16595568.jpg

女たち
フィリピン/2004年/20分/ドラマ+ドキュメンタリー
http://babaewoman.tripod.com/

■受賞歴
・Best Direction(Short Film Category)-1st CINEMALAYA Philippine Independent Film Festival
・Best Short Film Winner June 2005-19TH Festival Internazionale di Cinema Gaylesbico e Queer Culture di Milano

■解説
『女たち』は、線路脇のスラム街を舞台にした二人の女性の成長物語。幼いころ親友となった二人が夢を分かち合い、やがて思いがけず子供が出来て家族となり…。作品には女性が抱える問題についての男女のドキュメンタリーも盛り込まれ、モノクロの映像に彩りを添えている。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:シグリッド・アンドレア・ベルナルド

*監督プロフィール:
『女たち』はシグリッドとレインの作である。シグリッド・アンドレア・P・ベルナルドは舞台女優であり、今回初めてインディペンデント映画を制作した。これまでは「デュラアンUP」や、フィリピン文化センター(CCP)の「タンハーラン・ピリピーノ」などの主要な劇団でキャリアを重ねてきた。ラヴ・ディアスの10時間映画『Ebolusyon ng Isang Pamilyang Pilipino』にも出演し、最近ではCCPのイベント「ヴァージン・ラブフェスト」で、ラニー・モントレアル作の「Sister Outlaw」を初演出し話題となった。一方エフライム・R・アヴァンザード、別名レインはストレスのたまる弁護士で、CCPの劇団「タンハーラン・ピリピーノ」で以前は道化役者だった。その後奨学生となり、シグリッドのクラスメートとなった。レインはプロダクションを設立・経営し、『女たち』のために世界中で映画祭の活動に携わっている。

*作品履歴:
2004年 女たち


● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-14 17:47 | AQFF/アジアのクイア映画祭
日替わり短編<月曜日の上映作品>

平日の夜7時からは、日替わりで短編作品をセレクトしています。曜日ごとに上映作品が異なり、1日に2〜3作品(計40分程度)を上映。月曜日は以下に紹介する3作品を上映します。平日の昼間に上映している短編ループとあわせて、ぜひご覧下さい。
●日替わり短編一覧 / (月) / (火) / (水) / (木) / (金)

f0023676_13245657.jpg

ロボット少年
タイ/2005年/14分/実験

■解説
男は裁判所から少年と同じベッドで寝ることを禁止されるが、ロボットの少年を所有する許可を得る。しかし悲しいことに、そのロボットは愛するという感情を知らなかった…。
監督のコメント
「原作はタイでジェンダー論を研究している Tomorn Sukpreecha の小説だ。初めて読んだときには泣いてしまった。その夜は眠れなくて、それまでに撮り溜めた映像を引っ張り出し個人的な思い出にふけった。そして遠く離れた場所にいる、ある男性のことを考えた。出来上がった作品で僕はその男性に“僕を覚えているかい”と片言のフランス語で語りかける。そして、そのほかの人の思い出や、僕らをつなぐ空、アンテナ、電線など、彼につながると思った物なら何でも撮った。そして昔の写真も出した。これを燃やしたら彼を忘れられるのかな、といつも思っていた写真だ。」

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:ツンスカ・パンジッティヴォラクル

*監督プロフィール:
ツンスカ・パンジッティヴォラクルは1973年10月22日生まれ。タイ、バンコクのチュラロンコーン大学で美術を学んだ。“Bioscope”“a day”“Thai Film Quarterly”“Hamburger”“Movie Time Weekly”など多くの雑誌でコラムニストとして記事を書いている。また自主制作でユニークな作品を作り続けている映画作家のためのウェブサイトの創設者でもある。これまでに短編作品や長編ドキュメンタリーを制作しており、オランダのロッテルダム国際映画祭やスイスのニヨン国際ドキュメンタリー映画祭、香港国際映画祭など、多くの映画祭で上映されている。『Happy Berry』は2004年の第4回台湾国際ドキュメンタリー映画祭で最優秀賞に輝いた。初めての35ミリ映画『Heartbreak Pavilion』は2005年に韓国の第10回プサン国際映画祭において、PPP(プサン・プロモーション・プラン)部門で最高の賞を獲得している。

・作品履歴:
Heartbreak Pavilion (Expected release 2008)
2007年 Strangers in Our Time (In Production)
2006年Futon (In Production)
2006年You Are Where I Belong To
2006年Out of Control
2005年After Shock (Tsunami Projects)
2005年Life Show
2005年 ロボット少年
2004年Happy Berry
2004年Unseen Bangkok
2003年Chemistry
2002年Voodoo Girls
2001年Sigh
2000年 ...for Shiw Ping 28/12/97
2000年Love Sickness
2000年Private Life

f0023676_13284727.jpg

デビル・ライク・ミー
香港/2005年/5分/ミュージック・ビデオ
http://www.leslovestudy.com/devillikeme/

■解説
香港のクイア界にとって2005年は話題の多い年だった。ゲイの人権に関する裁判が議論を巻き起こしたり、ある有名女優がレズビアンではないかというゴシップ記事が出回ったり、さらに女性同士の恋愛について歴史的な記録が残された。 『デビル・ライク・ミー』は、これらの話題に対する宗教団体の反撃について、面白おかしく歌ったミュージックビデオだ。キリスト教原理主義者や、同性愛を嫌悪する団体(彼らは伝統的な家族の価値観が崩壊した大きな原因は、同性愛だと非難している)に対する皮肉を込めた作品である。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:クトゥール・Ng

*監督プロフィール:
『デビル・ライク・ミー』には、女優も含めて総勢17人の女性スタッフが参加している。試作段階から撮影・編集までおよそ1カ月半で完成させ、香港レズビアン&ゲイ映画祭への出品に間に合わせた。このミュージックビデオは映画祭の短編部門「アンダー・ザ・ライオン・ロック」で上映された。

*作品履歴:
2005年 デビル・ライク・ミー
2004年 The Death Curse(脚本)
2004年 Oneself
2003年 Stay...Escape

f0023676_13321878.jpg

ダンシング・ボーイ
韓国/2005年/20分/ドラマ

■解説
もうじき夏が来る。今日は学生たちが夏の制服を着る最初の日。ジーオーがユー・ジに話しかける。ジーオーがユー・ジを物欲しげに見つめる。アイスキャンディーを食べつつ、踊りながら。そんなジーオーに対し、ユー・ジはジ-オーの顔を見ない。彼はアイスキャンディーを持っておらず、バスケットボールをしているだけだ…。同級生への気持ちを臆することなく素直に表現する、フワフワとした主人公が魅力の作品。
監督のコメント
「これは、誰かを見ることについてのストーリーであり、”これでいいんだ”ということを私は最終的に言いたかった。」

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:ぺ・ジヨン

*監督プロフィール:
1981年生まれ。2001年に中央大学の創作文芸科に入学し、2003年に(国立)韓国映像・マルチメディア芸術大学の映像科に入学した。

*作品履歴:
2005年 ダンシング・ボーイ
2004年 Fire Y.G.
2004年 Withdraw
2003年 Mess up, Cheer up


● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-14 16:17 | AQFF/アジアのクイア映画祭
日替わり短編<火曜日の上映作品>

平日の夜7時からは、日替わりで短編作品をセレクトしています。曜日ごとに上映作品が異なり、1日に2〜3作品(計40分程度)を上映。火曜日は以下に紹介する2作品を上映します。平日の昼間に上映している短編ループとあわせて、ぜひご覧下さい。
●日替わり短編一覧 / (月) / (火) / (水) / (木) / (金)

f0023676_13424787.jpg

イノセント
カナダ/2004年/6分/アニメーション

■受賞歴
・Jury Citation Award at Toronto Gay and Lesbian Film Festival 2005

■解説
ポールとジェームズは同じ学校に通う大の仲良し。初めてのタバコから、数々の素晴らしい思い出を共有してきた。しかし、ある秋、激しい嵐と共に…。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:クリフ・カーファイ・モック

*監督プロフィール:
『イノセント』はクリフ・カーファイ・モックが2001年にEmily Carr Institue of Art and Design(バンクーバー)を卒業後、初めて制作したプロフェッショナル映画。描画、絵画、音楽、音、コンピューター画像処理、そして文学といった数々のメディアに興味を持つ彼は”トータル・アート”を目指し、現在も勉強中。

*作品履歴:
2004年 イノセント

f0023676_13454544.jpg

雨上がりの虹に
台湾/2001年/32分/ドラマ+ドキュメンタリー
http://home.kimo.com.tw/jrwc1987/after_raining.htm

■受賞歴
・Golden Harvest Award for Short Film and Video 2002
・The First Greater China University Television & Cinema Award 2002

■解説
本作は優等生の主人公とスポーツ万能の同級生の恋を感動的に描くと共に、サウンドトラックでは、ラジオのインタビュー(ゲイやレズビアン、心配する母親などの)が流れる。こうすることで、監督はドラマとドキュメンタリーの間のコントラストや論証を数多く提示している。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:ヤン・アンドリュ−

*監督プロフィール:
1976年、台湾の台南生まれ。国立台湾芸術大学で応用メディア学で修士号を取得。テレビ番組のディレクターとして賞賛を浴びたが、いまはフリーで活動している。

*作品履歴:
2002年 JUMPING JET FLASH
2001年 雨上がりの虹に


● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-14 15:37 | AQFF/アジアのクイア映画祭
日替わり短編<水曜日の上映作品>

平日の夜7時からは、日替わりで短編作品をセレクトしています。曜日ごとに上映作品が異なり、1日に2〜3作品(計40分程度)を上映。水曜日は以下に紹介する3作品を上映します。平日の昼間に上映している短編ループとあわせて、ぜひご覧下さい。
●日替わり短編一覧 / (月) / (火) / (水) / (木) / (金)

f0023676_13563453.jpg

ヘイ!ジミー★
台湾、イギリス/2004年/16分/ドキュメンタリー
http://www.hey-jimmy.com/

■受賞歴
・ Audience Award-Betting on Shorts, ICA London 2005

■解説
本作は”ブラック・ジミー”こと、アフリカ系台湾人のゲイであり、ドラァグ・クイーンのジミーの姿を追った短編ドキュメンタリー。主人公が混血であるがゆえに直面する社会や文化の複雑さを、アニメーションを取り入れ親しみやすく描いている。台湾で歌手として活躍するリー・ユーファンの音楽も必聴。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:ミンチエ・スン

*監督プロフィール:
ミンチエ・スンは1971年、台湾に生まれた。イギリスのカンタベリー・クライスト・チャーチ大学メディア学部(大学院)を卒業後、マーケティング・プランナーの職に就き、長年、台湾にてレコード会社やプロダクションに勤務。『ヘイ!ジミー★』は彼の処女作となる。

*監督作品履歴:
2004年 ヘイ!ジミー★

f0023676_1358253.jpg

スエ・シンの姉妹たち
ヤウ・チン/香港/2000年/8分/ドキュメンタリー

■解説
香港で初めてカミング・アウトした映画監督であるヤウ・チンが、各国で高い評価を獲得した処女長編「レッツ・ラブ・香港」の前に手掛けた貴重なドキュメンタリー。同性カップルの中国人女性たちが直面する様々な問題を探る本作では、インタビュー映像と “男らしい女性”として知られている伝統的広東オペラ歌手のフッテージが交互に映し出さていく…。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督:ヤウ・チン

*監督プロフィール:
1966年香港生まれ。香港の大学では比較文学と哲学を専攻。後にニューヨークとロンドンで映画制作とメディア芸術を学ぶ。ニューヨーク・ホイットニー独立研究プログラム終了後、映画監督、マルチメディア・インスタレーション・アーティスト、作家、教育者として活躍。現在は台湾の大学で教えている。2005年夏に台湾の第1回アジア・レズビアン映画祭、11月の香港ゲイ&レズビアン映画祭にも参加。『レッツ・ラブ・香港』は国際映画祭でポルトガル国際批評家賞・フィクション部門1位を受賞している。

*作品履歴:
2002年 レッツ・ラブ・香港
2001年 Finding Oneself (Produced by Radio Television Hong Kong)
2000年 スエ・シンの姉妹たち
1999年 I'm Starving
1997年 June 30, 1997 (aka Celebrate What?)
1997年 Diasporama: Dead Air
1993年 Video Letters 1-3
1993年 The Ideal/Na(rra)tion
1993年 Flow
1990年 Is There Anything Specific You Want Me To tell You About?

f0023676_13591564.jpg

ゲーム・ボーイ
アメリカ/2003年/14分/ドラマ
http://www.kevinchoi.com/

■解説
男性の理想のイメージとは?NY、ブルックリンに住むゲイのアジア系アメリカ人、ゲームデザイナーのダニエルは、ゲームの主人公を作る過程で、この問いに直面させられる。自宅アパートの上階から聞こえて来る大音量の音楽で仕事にならないある日、彼は行動を起こす。この時、この隣人が彼の探し求めていた答えかもしれないことは知る由もなく…。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:ケヴィン・チョイ

*監督プロフィール:
ヴェトナム・サイゴン市生まれ。中華系の両親を持ち、カリフォルニア州サンノゼ市で育つ。製作したフィルムやヴィデオ作品は、世界各国の大学や美術館、映画祭などで上映される。近年マサチューセッツ工科大学を卒業し、現在はコロンビア大学の美術学修士課程に所属。

*作品履歴:
2006年 Dissolution of Bodies
2005年The Moon Please
2004年 The Zero Hour
2003年 ゲーム・ボーイ


● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-14 14:54 | AQFF/アジアのクイア映画祭
日替わり短編<木曜日の上映作品>

平日の夜7時からは、日替わりで短編作品をセレクトしています。曜日ごとに上映作品が異なり、1日に2〜3作品(計40分程度)を上映。木曜日は以下に紹介する2作品を上映します。平日の昼間に上映している短編ループとあわせて、ぜひご覧下さい。
●日替わり短編一覧 / (月) / (火) / (水) / (木) / (金)

f0023676_1462837.jpg

僕のマリオおじさん
イスラエル/2003年/18分/ドラマ

■解説
17歳のセッフィと母親ジュリアはトリポリタニア料理の手作り惣菜屋を営んでいる。ある日、叔父のマリオが不意にイタリアから訪れ、家は官能的な息吹に包まれる…。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:ナ−マ・ザルツマン

*監督プロフィール:
1975年、イスラエル・ギヴァタイム生まれ。1997年、エルサレムのサム・スピーゲル映画・テレビ学校に入学し、2002年に卒業。在学中に9分間のフィクション映画『Distance』を製作。『僕のマリオおじさん』 は彼女の卒業製作映画である。ナ−マは2004年の一年間をミラノで過ごし、2つの長編映画において個人助手、脚本マネージャを務めた。

*作品履歴:
2003年 僕のマリオおじさん
2003年 Distance

f0023676_148221.jpg

トラベル
台湾/2000年/20分/ドラマ

■受賞歴
・Best Short Film-Golden Horse Film Festival 2002

■解説
これは言葉のない世界。夢のつばさに乗って旅するふたりの少女。その世界には、ベートーベンとショパンの雨だれ。風は思い出を、鼓動の美しさを、それに湿り気のもたらす幸せを教える。山のなかで誓いを交わして、私たちは本当の自分を発見する…。ある二人の少女の実話に基づいた作品。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:アレン・チャン、チェン・ダーユー

*監督プロフィール:
アレン・チャン
1976年、台湾生まれ。1993年、テレビ局でディレクターのフー・ディ・リンにつき、テレビ番組の制作を学ぶ。その後、中国芸術学校に入学して写真を専攻。卒業後もテレビ番組の制作をつづける。1996年に台湾国立芸術大学のダンス科に入学したのち、映画科に移って照明を専攻。1997年にはB級映画の編集と監督を手がけ、2000年はディレクターのジャッキー・チェンについて、コマーシャル映画とMTV映画の制作を学ぶ。2004年、『ドラゴン・アイ・コンジー』で長編映画デビューをかざる。

チェン・ダーユー
1974年、台湾生まれ。マ・ゴン高校卒業後、2年間陸軍に所属。その後、台湾国立芸術大学の映画化に入学し、撮影と演出を専攻する。2000年にはディレクターのジャッキー・チェンにつき、コマーシャル映画とMTV映画の制作を学ぶ。現在はテレビドラマのディレクター。

*作品履歴:
アレン・チャン
2004年 Dragon Eyes Congee
2000年 トラベル

チェン・ダーユー
2000年 トラベル


● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-14 13:06 | AQFF/アジアのクイア映画祭
日替わり短編<金曜日の上映作品>

平日の夜7時からは、日替わりで短編作品をセレクトしています。曜日ごとに上映作品が異なり、1日に2〜3作品(計40分程度)を上映。月曜日は以下に紹介する2作品を上映します。平日の昼間に上映している短編ループとあわせて、ぜひご覧下さい。
●日替わり短編一覧 / (月) / (火) / (水) / (木) / (金)

f0023676_14125428.jpg

流れる川、落ちる花
タイ/2004年/30分/ドラマ

■受賞歴
・2004 Vijitmatra Award(Special Mention) :The 8th Thai Short Film & Video Festival
・2004 National Winner Kodak Film School Competition(Best Cinematography)
・2004 Young Thai Artist Award Grand Prize in Film Category
・2005 The 10th Hong Kong Independent Short Film & Video Award(Asian New Force programme)

■解説
かつての失恋に捕らわれてるゲイの青年クリットは、自分にとっての恋愛の真実を知るために、恋人のヴィンをパ・チャン滝の7段目まで連れていく。ヴィンとともに過ごし、愛を交わしたクリットは、相手を解き放ってこそヴィンを愛せることを知る…。『流れる川、落ちる花』は、”ニラード”というタイの伝統的な詩のスタイルを用いて仏教の哲学を描いており、主人公の感情が美しい映像を通じておだやかに伝わってくる。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:アヌーチャ・ブーニャワタナ

*監督プロフィール:
1981年生まれ。タイの独立系映画の監督。チュラロンコン大学でコミュニケーションアート学科を優等賞で卒業した。『流れる川、落ちる花』はゲイのカップルのラブストーリーで、これまでタイのゲイ映画ではコミカルな役でしか登場しなかったゲイが、より現実的な異なった視点から描かれている。大学の卒業制作プロジェクトの一環として作られたこの作品は、学生の手によるものながら、観客と批評家の双方から好評を博した。タイ映画基金と芸術文化省が主催したタイ短編映画・ビデオ・フェスティバルで特別賞とコンペティション賞を受賞。さらに"若きタイ芸術家賞・映画部門グランプリ”も獲得。他にもいくつかの映画祭に出品されている。『流れる川、落ちる花』は、主役のクリットとヴィンがふたりの関係、愛や複雑な感情を探る姿をとおして、人生の現実を仏教的な哲学から描いた作品である。各地の映画祭で上映されると、監督は全国的な上映権を売るようにと持ち掛けられた。大々的なプロモーションは行われなかったものの、ゲイのコミュニティにはとても暖かく迎えられた。ゲイ雑誌のファッションエディターの経歴も持つブーニャワタナ監督の次作は長編映画。彼の作品のほとんどがゲイを題材に扱っている。

*作品履歴:
2005年 The Sun Lover
2005年 Boy’s Love
2004年 流れる川、落ちる花
2002年 The White Diary
2001年 Scarlet Desire

f0023676_14211779.jpg

タンポン・マニュアル
韓国/2001年/14分/実験

■解説
タンポンはなぜ生理の時だけしか使ってはいけないのか、という発想からこの映画は生まれた。女性たち(ことにレズビアン)の性的な欲望をテーマにしたこの楽しいファンタジーは、これまでの既成概念をユーモラスに問いなおす。映画は「タンポン・コンマ」と呼ばれる商品の取扱説明書の形をとり、タンポンの3つの機能――生理用、マスターベーション用、レズビアンのセックスツール用――を説明する。
監督のコメント
「一言でいえば、この『タンポン・マニュアル』はインディーズ映画としてもデジタル映画としても、それにクイア映画としても、ユニークな作品です。映画の構想は、私たちがタンポンと呼んでいる小さな用具から生まれました。作中の、生理用、マスターベーション用、レズビアンのセックスツール用として、真面目にタンポンの説明を講義しているシーンは笑わずにはいられません。歌って踊るタンポン人形が登場するミュージカル・シーンは、私たちの社会がセックスに対して持っている固定概念をユーモラスに笑い飛ばします。映画はテレビ通販の番組を思わせるでしょう。バカげた背景、タンポン人形、ストーリーラインのなさなどは、わざと入れたキッチュな要素なのです。それぞれの章は女性とレズビアンの女性への暖かい視点にあふれています。女性という大きな枠組みに収まるだけではなく、レズビアンの女性のアイデンティティについても語られます。この映画を見てショックを受けた人は、自分がどれだけセックスに関する社会的な偏見に染まっているか考えてみてください。」

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督:セロン・ソン

*監督プロフィール:
1977年、韓国生まれ。チョンガン大学映画研究科を卒業後、国立芸術大学の修士課程に在学中。

*作品履歴:
2005年 I’ll Get This Amount
2001年 タンポン・マニュアル
1996年 Loss


● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-14 12:12 | AQFF/アジアのクイア映画祭
上映作品の紹介「分かち合う愛」
f0023676_17515877.jpg


分かち合う愛
インドネシア/2005年/120分/ドラマ
http://www.berbagisuami.net/

■受賞歴
・HALEKULANI GOLDEN ORCHID FOR BEST FEATURE FILM-26th Hawaii International Film Festival

■解説
産婦人科医のサルマは息子がまだ小さな時に夫に2番目の妻と娘がいることを知り、ショックを受けるが、苦悩しながらもやがてその事実を受け入れていく。やがて息子が成長し、夫は政治の世界へと足を踏み入れるが、相変わらず2人の妻を持つ父を息子は理解出来ずにいた。一方、美容学校へ通わせてもらえるという約束で叔父の家にやって来たシティは、イヤイヤながら叔父の3番目の妻にさせられてしまう。自由を奪われた生活の中、シティの心の救いは2番目の妻ドゥイの存在だった。また、レストランで働きながら女優を目指すミンは、既婚者である店主に求婚されるが…。第14回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭でオープニングを飾った「アリサン!」を監督したニア・ディナータの最新作。インドネシアに暮らす年齢も、社会的地位も、出身も全く異なる3人の女性が、「公正な婚姻関係を結び、妻を同等に扱うならば」4人まで妻が持てるという一夫多妻制度の中、葛藤しながらもやがて新たな道を見つけ出す姿をユーモアを交えて綴ったオムニバス・ドラマ。バンダアチェの津波を背景に、所々で交差する各エピソードのどれもが現代インドネシア社会をリアルに切り取った重みのある作品であると同時に、逞しく生きる女性達への賛歌になっており、爽やかな後味を残す。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:ニア・ディナータ

*監督プロフィール:
1970年、ジャカルタ生まれ。アメリカでマスコミと映画制作を学んだ後、帰国してテレビ制作に関わる。1998年のインドネシア映画テレビフェスティバルでは、『In Search for the Rainbow』で映像とドラマ部門で最優秀賞を獲得。それ以来数多くのテレビ番組やコマーシャルなどの演出を手がける。最初の映画の長編は『The Courtesan』(2001)と呼ばれる大作だった。革命後にインドネシアにできた中国人社会を初めてとりあげた作品で、2002年ソウルで開かれたアジアパシフィック映画祭で、最優秀新人監督賞と最優秀美術賞を受賞している。2002年には『The Stringless Violin』で制作を担当し、インドネシアの独立系映画で初の女性監督にデビューを飾らせた。2003年、自身で脚本も書いた『アリサン!』という皮肉の効いたコメディーを監督。インドネシアのゲイを大胆に描いた暖かい作品は観客の心をつかんだ。この作品は国内の映画祭を総なめにしたのち、2004年のアムステルダムの映画祭で最優秀作品賞の栄誉に輝いた。アメリカ、カナダ、ドイツでの映画祭に選出されたほか、50を超える映画祭でも上映されている。ディナータはその後も、カンヌでの新人監督プログラムに招聘されたり、国内の映画祭の審査員を務めるなど活躍の場を広げているが、自分の制作会社をもって若手の育成にも力を入れている。『アリサン!』の脚本を共同で執筆したジャコ・アンワールを監督に据えてディナータが制作した『ジョニの約束』はアジアパシフィック映画祭などで賞を受賞しており、第18回東京国際映画祭でも上映された。ディナータの最新の長編映画『分かち合う愛』は、世界最大のイスラム教国における一夫多妻制という繊細な問題を果敢にも取り上げたもので、インドネシアの女性監督第一人者である彼女の実力がいかんなく発揮された作品である。

*作品履歴:
2006年 分かち合う愛
2003年 アリサン!
2002年 A Courtesan


● 長編プログラム:上映スケジュールへ
● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-13 01:51 | AQFF/アジアのクイア映画祭
上映作品の紹介「紅門 -べにもん-」
f0023676_1747565.jpg


紅門 -べにもん-
アメリカ/2005年/92分/ドラマ
http://www.reddoorsthemovie.com/

■受賞歴
・Special Jury Prize For ensemble acting-CineVegas International Film Festival 2005
・Audience Award-Outfest 2005
・Grand Jury Award For Screenwriting-Outfest 2005
・Best Narrative Feature-Tribeca Film Festival 2005

■解説
ニューヨーク郊外に暮らす中国系アメリカ人一家のウォン家は一見理想的な家族だが、実はそれぞれに悩みを抱えていた。長女のサマンサは結婚式を数週間後に控えながらも昔の恋人のことが忘れられず、内気な医学生の次女ジュリーは役作りの為に病院にリサーチに来た女優のミアに恋をしてしまい、高校生の末娘ケイティは同級生サイモンとの危険で手の込んだいたずら合戦に夢中。そして父親のエドは現実に無関心で自殺願望を抱えていた。そんなウォン一家に台風が訪れようとしていた…!最も根元的で普遍的な親子の絆をポップなセンスで描き、各国のLGBT映画祭で観客たちから熱い支持を得たファミリ−・ドラマ。歴史あるL.A.の巨大LGBT映画祭「OUTFEST」で観客賞・審査員大賞ダブル受賞したほか、2005年トライベッカ映画祭でのニューヨーク作品部門最優秀物語長編映画賞など、数々の賞を受賞している。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:ジョージア・リー

*監督プロフィール:
ハーヴァード大学で生化学の学位を取得後、マネジメント・コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーに就職。マッキンゼー在職中に、彼女の初の短編映画『The Big Dish: Tiananmen 89』を観たマーティン・スコセッシから、『ギャング・オブ・ニューヨーク』の撮影で見習いに抜擢される。2001年の短編映画『Educated』は、世界の30以上の映画祭で上映された。初の長編映画である『紅門 -べにもん-』は、2005年トライベッカ映画祭のニューヨーク作品部門で最優秀物語長編映画賞を獲得。また、シネベガス映画祭ではアンサンブル演出の審査員賞を、OUTFEST(ロサンゼルス・LGBT映画祭)では観客賞と審査員大賞をそれぞれ受賞した。リーはサンダンス映画祭とトライベッカ映画祭で審査員を務めている。

*作品履歴:
2005年 紅門-べにもん-
2004年 Basic Emotions (segment "Happiness & Sadness")
2004年 Diagnosis
2001年 Educated
2000年 Bloom
1998年 The Big Dish: Tiananmen 89


● 長編プログラム:上映スケジュールへ
● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-13 01:48 | AQFF/アジアのクイア映画祭
上映作品の紹介「ゴー!ゴー!Gボーイズ!」
f0023676_17393113.jpg


ゴー!ゴー!Gボーイズ!
台湾/2006年/80分/ドラマ
http://blog.xuite.net/tony0224/gboys

■解説
アーホンは借金返済のため、ゲイの振りをして賞金300ドルというゲイのビューティ・コンテストに出ることを決意。アーホンがゲイに見えるよう手助けする親友のアーシンは、アーホンに友情以上の思いを抱いていた。一方、刑事ジェイはコンテストを潰すという謎の脅迫文の捜査の為、コンテストに潜入することに。ゲイ嫌いのジェイだったが、コンテスト参加者に接する内に心境の変化が訪れる。そんな時、彼らに差出人不明の小包が届くが、中身は爆弾だった!個性的なゲイが揃ったコンテスト、謎のテロ犯罪、アーシンとアーホンの恋の行方…果たしてその結末は?出来たてホヤホヤ!“ボクカレ”ヒットに沸く台湾発、底抜けに明るいハチャメチャおバカコメディー!

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:チュンチュン・ユー

*監督プロフィール:
1978年6月19日、台北生まれ。ミュージックビデオやコマーシャルの監督として知られる。代表作に、クルーザー、シンガポール観光局などのコマーシャル、A-メイ、デービッド・タオ、リチー・ジェンら有名歌手のミュージックビデオなど。『ゴー!ゴー!Gボーイズ!』は監督の初の映画作品。

*作品履歴:
2006年 ゴー!ゴー!Gボーイズ!



● 長編プログラム:上映スケジュールへ
● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-13 01:38 | AQFF/アジアのクイア映画祭
上映作品の紹介「ジャパン・クイア・インディーズ」

“アジア”とくれば忘れてはならない日本。このプログラムでは東京を舞台に、どこかで見たことのある等身大のレズビアンたちを描いた中編インディーズ作品「その月が満ちるまで」と「No time No place」の2本をセレクション。どちらの作品も荒削りながら内に秘められた熱い思いを感じ取れる必見作!

f0023676_20195223.jpg
その月が満ちるまで
iri/日本/2007年/60分/ドラマ
http://iri-film.com/

■解説
長野に暮らす大学一年生のあゆみは、春休みを利用して東京に遊びに行くことにした。滞在先は兄・大造の親友であるアラタの家。アラタは幼い頃から知っているあゆみとの久しぶりの再会を楽しみにするが、一つ心配なことが。少しの間とはいえ一緒に暮らすのならば、自分がゲイであることは言っておいた方がいいのか…?そんな心配をよそに、あゆみはその事実をすでに知っていた。今回の滞在先をアラタの家に決めたのも、それが大きな理由だったのだ…。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:iri

*監督プロフィール:
1999年、"映画好きではあるけれど映画作りについてはまったくの未経験"という状態の中、手探りで映像制作をスタート。以来一貫して等身大のレズビアンたちの日常を描いた作品を作り続け、現在までに5作品を監督する。作品は1作品ごとに上映地域を拡大し、3作目となる『3秒の憂鬱』は世界10ケ国20都市以上で、続く4作目の『鼻歌をうたう私と颯爽とあるく彼女』(オムニバス映画"Queer Boys and Girls on the SHINKANSEN"の中の一編)は単独上映も含め、世界17ケ国25都市以上で上映された。その間にはDEZ監督作『シュガースイート』(2001)や今泉浩一監督作『NAUGHTYBOYS』(2002)などの作品にカメラ担当や役者としても参加。また、作品が上映されたアジア各国のLGBT映画祭に実際に赴き、そこで出会った様々なアジアン・クイア・インディーズ作品のパワーに感銘を受ける。丁度その頃、大石からAQFFの構想を聞かされ、2005年にAQFFを立ち上げることを決意。二人でディレクターを務めると共に、第1回目となるAQFF2007では最新作『その月が満ちるまで』を発表する。今後はAQFFが世界に向けたアジアン・クイア映画の発信地となることを目指し活動を続ける予定。

*作品履歴:
2007年 その月が満ちるまで
2004年 鼻歌をうたう私と颯爽とあるく彼女
2001年 3秒の憂鬱
2000年 chocolate
1999年 one piece of my life


f0023676_19202928.jpg
No time No place
日本/2004年/40分/ドラマ

■解説
主人公、里美はコンプレックスの塊で、仕事にも恋にも積極的になれずにいた。小説を書くのが唯一の趣味だったが、ある日それもやめる決意をする。その直後、飼っていた猫の碧(みどり)が失踪してしまう。公園を捜す里美の前に突然現れた謎の女性、彼女の名前もまた碧(みどり)だった…。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:大石和世

*監督プロフィール:
1998年に友人らと制作した自主制作映画に参加したのがきっかけとなり、映画制作に興味を持つ。その後も会社員として勤務する傍ら他の監督の自主制作映画を手伝い続け、2004年に『No time No place』(2004)を初監督する。『No time No place』は台湾や韓国、香港などのアジア各国や、カナダのLGBT映画祭などで上映された。

*作品履歴:
2004年 No time No place


● 長編プログラム:上映スケジュールへ
● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-13 01:17 | AQFF/アジアのクイア映画祭