会場の様子をいち早くお届けします!
カテゴリ:リートフェルト( 7 )
リートフェルト展 感想帳
今日は、感想帳の中からいくつかご紹介したいと思います。


f0023676_14592148.jpg■大満足でした。Red&Blueしか知らないで来たのですけど…。20世紀初期の感性とは思えないです。今見ても。

■カクカクしているけれど、父的な温かさに包まれているようでした。また来て座りたい。

■リートフェルトの椅子はなぜ有名か、今日ここに来て少し分かった気がします。

■シンプルだけど見ごたえのある椅子。どのような気持ちでデザインが出来上がったのか知りたいです。

■とてもシンプルな色使いなんですが、あたたかみのある奥深いデザインで素敵だなぁ、と思いました。

■大学の授業で、一年次にリートフェルトの「Red&Blue Chair」のミニチュアを作ったことがあります。実物は初めて見ました。
見た目では、構造的に弱そうに感じていましたが、座ってみると意外と安定感があり、しっくりきて驚きました。

■思ったよりもずーっと座りやすかったです。あのデザイン性と素材、座り心地の良さ。素晴らしいとしか言えません。

■原色基調の、一見目に痛い色使い。なのにどこか懐かしくて優しい気持ちになる作品ですね。


多くの方が、彼の作品に“あたたかみ”や“優しさ”を感じたと書かれているのが印象的でした。
いつもより会期の長い本展も、いよいよ6月10日(日)まで。
手作りのぬくもりあふれる作品を、この機会にぜひご覧ください。
[PR]
by artium | 2007-06-01 14:59 | リートフェルト
レッド・アンド・ブルー ワークショップレポート!
今日は、20日に開催したワークショップの様子をお届けします!
写真は会場内での制作の様子。大人も子どもも時間を忘れ、制作に集中しています。
見ていてとても嬉しくなる光景でした。

f0023676_1045888.jpg
f0023676_114385.jpg


f0023676_10514253.jpg
←子どもの部に参加していた双子の姉妹(9歳)と、講師の弓削さん。水色や白、オレンジに黄緑、目の覚めるような、鮮やかな色使い!


f0023676_1145145.jpg
   ↑忠実にレッド・アンド・ブルーチェア
    を作る大人の部の参加者



               そして、完成品がこちら!!
f0023676_11193328.jpg
この豊かなバリエーション!雑誌を転写したり、小物を使ったり(手前の猫は椅子とセットになっています)左手 奥の椅子は、触ると水玉の部分がぽこぽこしています。ひとつひとつ、面白くて楽しくなる椅子ばかり。自分で作ってみるって本当に楽しい!講師の弓削さんも、見ていた私たちも、「楽しかった」と繰り返すワークショップでした。
[PR]
by artium | 2007-05-24 11:45 | リートフェルト
リートフェルト展 オリジナルグッズ
今日は、ショップで販売している、リートフェルト展 オリジナルグッズをご紹介いたします。
f0023676_10175237.jpg

写真一番左、透明のケースに入っているのは、昨日入荷したばかりの
「レッド・アンド・ブルーチェア」1/10模型、3,980円。
ファンの方はお見逃しなく!ここでしか手に入らない貴重な商品です。ひとつひとつ手作りで、数に限りがありますのでお早めに!

中央 奥は、「リートフェルトの色とかたち」ワークシート。
これを見ながら場内の作品を見てみると、また違った発見ができそうです。
自分でオリジナルの「レッド・アンド・ブルーチェア」を作れるキットとセットで、950円(キットのみ 525円)。
お土産に買って帰られる方も多い人気商品です。

手前はオリジナルポストカード。
「レッド・アンド・ブルーチェア」と「シュロイダー邸」をモチーフにしたデザインで、
全8種類、1枚150円です。

ご来場の記念にぜひどうぞ!
[PR]
by artium | 2007-05-17 10:21 | リートフェルト
世界にひとつだけの椅子
        すでにこのブログでご紹介した、5月20日のワークショップ

           リートフェルトの名作イスをつくろう!
           レッド&ブルー ワークショップ


         これに先駆けて、スタッフで色んな椅子を作ってみました。
f0023676_1233280.jpg

組み立ててみることで初めて分かる、椅子の構造にも新鮮な驚きがありましたが、どんな色・柄にするか、デザインやコンセプトを考えるのもとても楽しいものでした。ワークショップの講師を務める弓削さんが当日、どんな椅子を提案されるのか、皆さんがどんな椅子を作るのか、とても楽しみになりました。

やっぱり実際作ってみるって楽しいですよ!
[PR]
by artium | 2007-05-07 12:37 | リートフェルト
リートフェルトの名作イスをつくろう!
f0023676_17371385.jpg


リートフェルトの名作イスをつくろう!
レッド&ブルー ワークショップ
The Red and Blue Chair 1/10


オリジナルのキットを使って、イスの模型をつくろう。
ボンドでくっつけるだけで、組み立てはとても簡単。
好きな色を塗れば、自分だけのオリジナル・チェアができるよ!

日時:5月20日(日)
   12:00〜15:00(子供の部/対象年齢5〜12歳)
   16:00〜19:00(大人の部)
定員:各8名
参加費:525円(材料費込み) ※別途、展覧会の入場券が必要
講師:弓削有友子(「For Rent! For Talent! 2」入選作家)

お申し込み先/会場:
三菱地所アルティアム(福岡市中央区天神イムズ8F)
tel 092-733-2050
[PR]
by artium | 2007-05-01 17:45 | リートフェルト
「リートフェルトの色とかたち」スタート!
f0023676_19164657.jpg

週末ということもあって、会場には多くの方がご来場されています。
中には建築関係や家具デザインをなさっている方も多く、ひとつひとつの椅子の細部まで座り込んで見ていらっしゃる方もよく見かけます。(写真はミニチュア)

中には、レッド・アンド・ブルーチェアの
1/6のものを作ったことがあるという方も。「実物を見るのは初めてです」と、嬉しそうにおっしゃったのが印象的でした。
本展では実際に座ることもできるので、ゆったりと座り心地を楽しんで帰られました。








f0023676_19191548.jpg
「シュロイダー邸」の模型も大変好評です。
(左の写真はその一部)
設計事務所にお勤めのお客様は、
「写真でしか見たことがありませんでした!すごい!」
と感激していらっしゃいました。
感想を聞くと、
「思ったより可愛い造りなんですね。子供が喜びそう。意外な素材でできているのに驚きました。」とのこと。
この模型、普段は屋根がついているのですが、スタッフにお申し付けいただくと、はずして中のお部屋をご覧いただけます。
ご来場の際はぜひ両方お楽しみくださいませ。







f0023676_1920540.jpg

最後にご紹介するのは、
「リートフェルトのイスを作ってみよう!」のコーナー。
ここでは、ショップで販売している
レッド・アンド・ブルーチェアのキットを組み立てるスペースがあります。
凝った見た目とは裏腹にシンプルな部品でできていることに驚かされます。

皆さまぜひこの機会に、世界でひとつだけのレッド・アンド・ブルーチェアを作ってみてはいかがでしょうか?
[PR]
by artium | 2007-04-22 19:16 | リートフェルト
佐藤卓展の次は「リートフェルトの色とかたち」
リートフェルトの色とかたち
4月21日(土)→6月10日(日)


20世紀のデザインと建築に大きな足跡を残したヘリット・トーマス・リートフェルト(1888年 オランダ・ユトレヒト生まれ-1964年 同没)。
本展では、近代デザイン史の名作として今なお世界の人々に愛される名作椅子や、子供向けの家具、世界遺産の建築などをご紹介いたします。

詳しくはExhibitionのページをご覧ください。


f0023676_1261166.jpgf0023676_1262759.jpg



















写真:レッド・アンド・ブルーチェア
[PR]
by artium | 2007-03-19 12:17 | リートフェルト