「ほっ」と。キャンペーン
会場の様子をいち早くお届けします!
カテゴリ:ジャナイナ・チェッペ展( 11 )
「ジャナイナ・チェッペ展」感想帳
ジャナイナ・チェッペ展もいよいよ今週末までとなりました。
今回は、皆さんの感想の中からいくつかご紹介したいと思います。

f0023676_13413356.jpg■人間が動物だという感覚に引き戻してくれると感じました。
■とてもよかったです、特に奥の空間が。黒い布が遠くまであって、それがゆたっと無意識で、勝手にゆらめいている。その先をじっと見ていたい感じです。
■黒のドレス(布)は、水中に浮かぶ心臓みたいだった。カーテンの中の映像は、とても幻想的で、デジャブのようでときめいた。
■布が、なぜか恐怖に感じます。女性らしさを表現していると思うのですが、怒りでもなく悲しみでもなく喜びでもない雰囲気にはっとしました。
■とても気持ちいい空間でした。自分も水になったようで、長時間水中をたゆたっていたいような、そんな心地になりました。
■奥の部屋は、息がつまりそうな、心地良いような、不思議な気分でした。私も細胞のひとつになった気分でした。
■前回はワインをもらえると知らなくて、再び来ました。映像が、水のゆらぎやふわふわした感じで幻想的だったので、ワインを飲みながら観るとより良いんじゃないかと。とても美しいブルーで、大好きです。身につけているオブジェ(?)も、人間が違った生き物に見えて面白いです。
[PR]
by artium | 2006-11-01 13:41 | ジャナイナ・チェッペ展
ワイン小話
毎日18時からの「ナイト・アウト・オン・アルティアム」では、来場者に1ドリンク・サービスをおこなっております。ジャナイナ・チェッペ展の会期中は、作家の生まれたドイツの白ワインをお楽しみいただけます。甘味があり飲みやすく、来場者の方々の反応は大変好評です。ドイツは他のワイン生産国に比べて涼しい気候であるため、赤ワイン用の黒ぶどうの栽培が難しく、白ワインが多く造られています。

●ドイツワインの格付けは、大きく分けると4つあります。

1 ドイッチャー・ターフェルヴァイン:テーブルワイン
【日常消費用のテーブルワイン】

2 ドイッチャー・ラントヴァイン:テーブルワイン
【生産地区の個性を明確にした、地酒的ワイン】

3 Q.b.A.(クーベーアー):地域指定優良ワイン
【13の地域に限定された高品質ワイン】

4 Q.m.P.(クーエムペー):地域指定優良ワイン
【Q.b.A.よりも糖度の高いぶどうで造られる、肩書き付き高級ワイン】


●Q.m.P(クーエムペー)は、さらに6つの格付けにわかれています。
下にいくほど高品質で濃厚なワインとなります。

1 カビネット
【充分に熟したぶどうから造られる基本のワイン】

2 シュペートレーゼ(遅摘み)
【収穫時期を遅らせ、糖度を高めたぶどうを使用】

3 アウスレーゼ(房選り)
【よく熟した房だけを選んで収穫したぶどうを使用】

4 ベーレンアウスレーゼ(粒選り)
【完熟したぶどうの粒を選りすぐって使用】

5 アイスヴァイン(アイスワイン・氷菓ワイン)
【収穫を大幅に遅らせ、冬に凍結したぶどうを収穫して使用】

6 トロッケンベーレンアウスレーゼ(乾果粒選り)
【貴腐ぶどうから造られる最高級の甘口ワイン】


アルティアムでサービスしているワインはアウスレーゼのワインです。
大変飲み応えのあるワインですので、ぜひ1度お試し下さい。

ワインのセレクトには友添本店さん(福岡市中央区春吉)にご協力いただいております。
ワインがお気に召した方はこちらへどうぞ。
f0023676_14463595.jpg

[PR]
by artium | 2006-10-29 14:51 | ジャナイナ・チェッペ展
ジャナイナ・チェッペ展 アーティストトーク
f0023676_11943100.jpg

トーキョーワンダーサイト青山にて、今年の7月19日に行われたジャナイナ・チェッペのアーティストトークの映像を、アルティアムで公開しています。ジャナイナ・チェッペが自身の作品について語り、グッゲンハイム美術館シニア・キュレーターのジェルマーノ・チェラントがコメントしています。ジャナイナの制作に対するアプローチを知ることができると同時に、世界的な批評家でもあるジェルマーノが作品に対する見解を語っている大変貴重なトークの記録です。ジャナイナ・チェッペ展の会期中のみの公開となりますので、ぜひご高覧下さい。
[PR]
by artium | 2006-10-24 10:48 | ジャナイナ・チェッペ展
真っ黒なギャラリースペース
f0023676_11185433.jpg


今回ジャナイナ・チェッペ展を同時開催しているz platzは博多駅の近くにあります。2階と3階の2フロアがギャラリースペースで、特に3階は天井も高く、広々しています。壁や天井が真っ黒というのは、非常に珍しいのではないでしょうか。ジャナイナもこの黒い空間を非常に気に入った様子で、作品が栄えてとても良い展示になっています。1枚のチケットで2会場とも入場できますので、ぜひご来場下さい。

z platzでは「Lacrimacorpus」と「Camaleoas」を展示しています。
「Lacrimacorpus」はドイツのワイマールでつくられた作品です。ゲーテの夏の別荘などが舞台になっており、まわりには収容所や森があります。オルゴールのような不思議な存在感のある映像作品や、ポラロイドの小作品などが特に注目です。
「Camaleoas」は4人の女性の素朴な日常をドキュメンタリー風に描いた映像作品です。ジャナイナの作品では水と同時に女性という存在が印象深いですが、彼女が女性をどう捉えているのかを考える上で、非常に重要な作品のひとつだといえます。

z platzのブログではギャラリーの日常や、海外の美術館の話などがつづられています。
こちらもぜひご覧下さい。
z platzブログ
[PR]
by artium | 2006-10-23 12:17 | ジャナイナ・チェッペ展
青く光るカーテンの向こうには
f0023676_13305792.jpg
「まるで海の中にいるようだった」
「くらげになったみたいだった」

多くの方がこのような感想を残して帰られる「Blood,Sea」の映像インスタレーションは、今回の展示の中でも特に好評です。マルチスクリーンで部屋全体が美しい映像で囲まれ、作品と一体化することができます。長い触手のような布が水の中を漂う様子は、写真作品以上に美しい時間の流れを感じとることができます。

椅子に座って作品を見渡し、映像の海の中に包み込まれるような独特のまどろみを、ぜひじっくりと体感してください。

[PR]
by artium | 2006-10-22 13:30 | ジャナイナ・チェッペ展
もしも時間に色があるとするならば
f0023676_1845373.jpg併設のショップでは、ジャイナ・チェッペの図録を販売しています。
2003年、nca(nichido contemporary art)での展覧会を機に出版されたものです。

中は3つの本に分かれており、写真、ドローイング、映像作品の紹介などが収録されています。(右の写真はじゃばらに収納されたドローイングを広げたところ)
作家のインタビューも大変興味深いので、ぜひご覧下さい。下記はそのインタビューより抜粋しました。



「私にとって『水』とは結合する要素なのです。水平線は人を時間の中に、そして永遠の中に引き戻します。もしも時間に色があるとするならば、それはブルーでしょう。」
[PR]
by artium | 2006-10-15 18:45 | ジャナイナ・チェッペ展
Janaina on Video Casting
ジャナイナの作品は、「+BT」というビデオ・キャスティング・サイトでも見ることができます。
以下のリンクからご覧下さい。

+BT
[PR]
by artium | 2006-10-14 12:41 | ジャナイナ・チェッペ展
ジャナイナ・チェッペ展-アーティストトーク中止のお知らせ
10月18日に予定していたアーティストトークは、作家が来日できなくなったため中止させていただきます。アルティアムでは東京で行われたアーティストトークの映像を上映する予定です。
詳細は決まり次第お知らせします。
[PR]
by artium | 2006-10-13 17:22 | ジャナイナ・チェッペ展
ジャナイナ・チェッペ展-Lacrimacorpus-
f0023676_1741854.jpg

本展では、博多区堅粕にあるギャラリー z plazとアルティアム、二つの会場に分けてジャナイナの代表作をご紹介しています。
上の写真は、z plazで展示しているシリーズ「Lacrimacorpus」の作品です。
ドイツ ワイマールでの「ファウスト」初演時の衣装と、ゴム製の涙の房を見にまとい、歴史深い街のリアリズムとロマンチシズムを表現しています。

z plazまでは、博多駅(筑紫口)から徒歩10分。
チケットは2会場共通となっておりますので、どちらもお見逃しなく!
z plazの地図などは下記のホームページをご覧下さい。

z plaz
[PR]
by artium | 2006-10-11 17:46 | ジャナイナ・チェッペ展
ジャナイナ・チェッペ展-水が織りなす未来の寓話-
f0023676_18541886.jpg
「ジャナイナ・チェッペ展」いよいよスタートしました!

本展では、18時以降ご入場の方にジャナイナの生まれ故郷・ドイツのワインを1杯サービスしております。
お仕事帰りに、待ち合わせの前に、お酒を飲みながらゆったりと、ジャナイナの作品に浸ってみてはいかがでしょうか?

ぜひお誘いあわせの上、ご来場下さい。
[PR]
by artium | 2006-10-07 18:54 | ジャナイナ・チェッペ展