「ほっ」と。キャンペーン
会場の様子をいち早くお届けします!
カテゴリ:福田里香 木甘橘系( 13 )
「木甘橘系」観察日記 最終回
お待たせいたしました。
観察日記の最終回をお届けいたします。

試飲会には、会場がぎゅうぎゅうになるほどたくさんのお客様にご来場いただきました。
2種類の果実酒と、この日記でご紹介してきたシロップを試飲していただき、
どれも大変好評でした。

ただ、写真が撮れず、画像がありません。
申し訳ありません。
印象深いシーンはたくさんあったのに…。
中でも、試飲会の始まり。
福田さん自ら大瓶のふたを開け、中をぐるぐるかき混ぜた瞬間は感動しました。
これまでは作品として静かに眠っていた果実酒が、本来の目的を果たすため起こされた瞬間でした。

予想以上の人出で、ご来場のお客様には、なにかとご迷惑をおかけした点もあったかと思います。
この場を借りてお詫び申し上げます。
来て下さって本当にありがとうございました。

最後まで読んで下さった皆さまにも、心よりお礼申し上げます。
アルティアムでは、今後も面白い展示をたくさん予定しておりますので、ぜひまた遊びにいらしてください。会場でお待ちしております。
[PR]
by artium | 2006-01-18 19:13 | 福田里香 木甘橘系
「木甘橘系」観察日記 1/14
f0023676_10584276.jpg
いよいよ本展も明日までとなりました。
シロップの様子をお届けいたします。
生姜は、残念ながらピンク色にはなりませんでしたが、氷砂糖から自由になったレモンが予想以上の変化を見せてくれました。
ズラッと並んだ瓶の中で、同じものはひとつとしてありません。

再入場のお客様からは、作品の変化に驚きの声を多数いただいています。
明日は試飲会もございます。
香りと味もお楽しみいただけますので、ぜひ会場にお越し下さい。

次回は最終回!試飲会の様子をお届けしたいと思います。
[PR]
by artium | 2006-01-14 10:58 | 福田里香 木甘橘系
「木甘橘系」観察日記 1/13
f0023676_15575067.jpg

写真の作品は、糸島のオレンジと金柑、小みかんを使った果実酒です。
香りづけのため瓶の中につるした果実は、当初1週間ほどで呼吸をやめると言われていました。
毎日、今日も呼吸をしているだろうかと、真っ先に見ていた作品です。
驚いたことに、1ヶ月たった今も、弱くはなりましたが呼吸を続けています。
瓶や果実についた水滴がその証です。

おかげで、香りも楽しめるお酒になっていると思います。
[PR]
by artium | 2006-01-13 15:57 | 福田里香 木甘橘系
「木甘橘系」観察日記 1/9
f0023676_1448451.jpg

25日目。
本展も残すところ一週間を切りました。

レモンをよく見ると、おもしろい発見がありました。
写真でお分かりいただけるでしょうか?
実の中にびっしりつまった種まで見えます。
この種、意外な色をしています。
おしりだけ、鮮やかな赤色なのです!
不思議で、じっと見入ってしまいます。
[PR]
by artium | 2006-01-09 14:48 | 福田里香 木甘橘系
「木甘橘系」観察日記 1/6
f0023676_1718517.jpg
3週間目のシロップの様子をお届けします。
写真の作品は、完全に生姜が酢の中に沈んで、ゆらゆらしています。
でもまだ色の変化はありません…。

次回はレモンの動きをご紹介いたします!
[PR]
by artium | 2006-01-06 17:18 | 福田里香 木甘橘系
「木甘橘系」試飲会のお知らせ
1ヶ月後の果実酒をぜひ飲んでみたい!というご意見が多数よせられましたので、
アルティアムでは1/15の最終日18時から、完成した果実酒を開けて
ご来場の方に試飲いただけるように致します!
すでにチケットをお持ちのかたは、もちろん無料で再入場いただけます。
この機会にぜひお立ち寄り下さいませ。
[PR]
by artium | 2006-01-04 12:20 | 福田里香 木甘橘系
「木甘橘系」観察日記 1/2
f0023676_179597.jpg

まるで海底のようです。

写真の作品は、糸島の金柑を使った果実酒。
2週間がたち、下の方の実からシワシワになってきています。
写真には写っていませんが、上の方は色に変化が…!
ぜひ会場でお確かめ下さい。
一度ご覧になった方も、お楽しみいただけると思います。
[PR]
by artium | 2006-01-02 17:09 | 福田里香 木甘橘系
「木甘橘系」観察日記 12/30
f0023676_15575376.jpg
15日目。
本展も残すところあと半分となりました。 
久しぶりにシロップの様子をご紹介いたします。
ひとつひとつの差が開いてきています。
はじめからあまり変わらないもの、氷砂糖の透明度が増し、キラキラ光って美しいもの、生姜がすっかり酢につかってしまっているもの。
中でも写真の作品はおもしろい形になっています。
レモンが飛び出し、そこに生姜がのって、帽子をかぶっているようです。

それでは皆さま、よいお年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by artium | 2005-12-30 15:57 | 福田里香 木甘橘系
「木甘橘系」観察日記 12/26
f0023676_16354976.jpg
写真の作品は、オレンジとみかんのクリスタリーゼ。
フランス語で「結晶化」という意味をもつ、美しいお菓子です。
外側はカリッとしているのに中はみずみずしい不思議な食感。
オープニングレセプションで試食していただき、大好評でした。
今回は、お問い合わせも多いそのレシピをご紹介したいと思います。
<レシピ>
① 卵白を少量の水で薄め、皮をむいたみかんに刷毛で薄くぬります。
② グラニュー糖をまぶします。
  (てんぷら粉をつけるような要領で)
③ 1日乾燥させて、できあがり。
※ みかんの皮は、実を傷つけないよう、薄皮を残してむくのがポイントです。
[PR]
by artium | 2005-12-26 16:35 | 福田里香 木甘橘系
「木甘橘系」観察日記 12/22
f0023676_18104056.jpg
7日目。
もう生姜が酢の中に入ってしまいそう。
見えるでしょうか?
氷砂糖の中から少しずつ、レモンが姿を見せつつあります。
ふたのところに鼻を近づけると、香りを楽しむこともできます。
他の作品もとてもいい香り。会場でぜひお試しください。
[PR]
by artium | 2005-12-22 18:10 | 福田里香 木甘橘系