会場の様子をいち早くお届けします!
上映作品の紹介「ジャパン・クイア・インディーズ」

“アジア”とくれば忘れてはならない日本。このプログラムでは東京を舞台に、どこかで見たことのある等身大のレズビアンたちを描いた中編インディーズ作品「その月が満ちるまで」と「No time No place」の2本をセレクション。どちらの作品も荒削りながら内に秘められた熱い思いを感じ取れる必見作!

f0023676_20195223.jpg
その月が満ちるまで
iri/日本/2007年/60分/ドラマ
http://iri-film.com/

■解説
長野に暮らす大学一年生のあゆみは、春休みを利用して東京に遊びに行くことにした。滞在先は兄・大造の親友であるアラタの家。アラタは幼い頃から知っているあゆみとの久しぶりの再会を楽しみにするが、一つ心配なことが。少しの間とはいえ一緒に暮らすのならば、自分がゲイであることは言っておいた方がいいのか…?そんな心配をよそに、あゆみはその事実をすでに知っていた。今回の滞在先をアラタの家に決めたのも、それが大きな理由だったのだ…。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:iri

*監督プロフィール:
1999年、"映画好きではあるけれど映画作りについてはまったくの未経験"という状態の中、手探りで映像制作をスタート。以来一貫して等身大のレズビアンたちの日常を描いた作品を作り続け、現在までに5作品を監督する。作品は1作品ごとに上映地域を拡大し、3作目となる『3秒の憂鬱』は世界10ケ国20都市以上で、続く4作目の『鼻歌をうたう私と颯爽とあるく彼女』(オムニバス映画"Queer Boys and Girls on the SHINKANSEN"の中の一編)は単独上映も含め、世界17ケ国25都市以上で上映された。その間にはDEZ監督作『シュガースイート』(2001)や今泉浩一監督作『NAUGHTYBOYS』(2002)などの作品にカメラ担当や役者としても参加。また、作品が上映されたアジア各国のLGBT映画祭に実際に赴き、そこで出会った様々なアジアン・クイア・インディーズ作品のパワーに感銘を受ける。丁度その頃、大石からAQFFの構想を聞かされ、2005年にAQFFを立ち上げることを決意。二人でディレクターを務めると共に、第1回目となるAQFF2007では最新作『その月が満ちるまで』を発表する。今後はAQFFが世界に向けたアジアン・クイア映画の発信地となることを目指し活動を続ける予定。

*作品履歴:
2007年 その月が満ちるまで
2004年 鼻歌をうたう私と颯爽とあるく彼女
2001年 3秒の憂鬱
2000年 chocolate
1999年 one piece of my life


f0023676_19202928.jpg
No time No place
日本/2004年/40分/ドラマ

■解説
主人公、里美はコンプレックスの塊で、仕事にも恋にも積極的になれずにいた。小説を書くのが唯一の趣味だったが、ある日それもやめる決意をする。その直後、飼っていた猫の碧(みどり)が失踪してしまう。公園を捜す里美の前に突然現れた謎の女性、彼女の名前もまた碧(みどり)だった…。

■監督情報(監督名・監督プロフィール・監督作品履歴)
*監督名:大石和世

*監督プロフィール:
1998年に友人らと制作した自主制作映画に参加したのがきっかけとなり、映画制作に興味を持つ。その後も会社員として勤務する傍ら他の監督の自主制作映画を手伝い続け、2004年に『No time No place』(2004)を初監督する。『No time No place』は台湾や韓国、香港などのアジア各国や、カナダのLGBT映画祭などで上映された。

*作品履歴:
2004年 No time No place


● 長編プログラム:上映スケジュールへ
● AQFF TOPへ
[PR]
by artium | 2007-05-13 01:17 | AQFF/アジアのクイア映画祭


<< 上映作品の紹介「ゴー!ゴー!G... 上映作品の紹介「ETHAN M... >>