会場の様子をいち早くお届けします!
『鋤田正義展 RETROSPECTIVE SOUND & VISION』感想帳より
『鋤田正義展 RETROSPECTIVE SOUND & VISION』好評開催中です。会期終了は10月27日(日)です。お見逃しないようにご注意ください。

感想帳よりご紹介します。
◆音楽が聴こえて来るかの様な、圧倒的な世界観が伝わって来ます。鋤田先生を初めて知ったのはDavid BowieのAlbum”Heroes”のジャケットです。ちょうどBowieに夢中になり始めた頃でもあり、そのイメージをビシッと捉えた表現主義的なポートレイトはとても心に残りました。福岡でこうしてたくさんの作品を目にすることが出来、本当に幸せです。会期中、何度も足を運ぼうと思います。これからも素晴らしい作品を心から楽しみにしております。

◆昨日も来て今日は息子と来ました。次の世代に引き継ぎたい写真家です。

◆デヴィッド・ボウイのかわいい一面が見れて嬉しかった。ありがとう。とても良かったです!!!

◆アーティストの方とカメラ越しに目が合う時ってどんな気持ちになられるのでしょうか?

◆10代で初めてBowieのジャケ写に心奪われたのを思い出しました。まだ中学校に入りたての頃レコード屋さんでしばらく見入ってました。そのジャケット写真の撮影過程が今日見ることが出来て幸せです。

◆写真展が福岡でも開催されると聞いて今日をとても楽しみにしていました。最初はボウイと清志郎がお目当てでしたが全ての写真に圧倒されてしまいました。被写体のその時の気持ちが私に迫ってきました。復帰してからの清志郎の写真では彼の心の中を見せてもらった様で涙が出ました。

◆YMO、デヴィッド・ボウイの写真、有名ですよね。「鋤田正義」氏のことを初めて知りました。福岡のご出身なのですね。驚きました。

◆Bowieのアルバムジャケットで目を奪われました。写真集「氣」は地元で手に入らず親戚に頼んで手に入れてもらったのですが、あの中に収録されている素敵な作品の数々を大きな作品として見る事が出来て感動しました!!BOWIEの連続写真(コンタクトシート)はどれも違った表情で可愛らしかったり神秘的であったり、採用される「ここぞという瞬間」にはない面白さと雰囲気があり長く立ち止まってしまいました。BOWIEを見たいと思ってきましたが他のアーティストや風景写真も素敵でした。まさか福岡で見れるとは思いませんでした。期間中に是非また来たいです。素敵な写真展をありがとうございました。

◆教授(坂本龍一)が一番かっこいいのは鋤田さんが撮った写真が多い!!!どれもこれもキュンキュンしました。また来ます〜。楽しかった〜。

◆直方出身でこの様な写真家がいたのを初めて知りました。感激しました。

◆有名なアーティストの方々の写真ばかりかと思っていましたが、鳥居の画とペットボトルの画がとても印象的でした。また伺いたいと思います。

◆清志郎の写真が見たくて遊びに来ました。今にも動き出すように思えてジーっとその時を待ってしまいました。息づかいが感じられました。風景や人物、モノクロとカラー、とても楽しかった、それぞれの空間へ飛び込んでいける気がして。



福岡県直方市出身ということで、地元の方、同級生、高校の後輩の方のご来場も多く、たくさんの温かいメッセージをいただきました。残念ながらすべてはご紹介できませんが、鋤田さんには必ずお届けします。



・・・・・information・・・・・
『鋤田正義展
 RETROSPECTIVE SOUND&VISION』
■日時: 開催中 →10月27日[日] ※残り会期中休館日なし
 OPEN 10:00-20:00
■入場料: 一般400円、学生300円 
※高校生以下・アルティアムカード会員・イムズカード(三菱地所グループCARD)会員無料、再入場可


≪Exhibition Line-up≫
『エキソニモの「猿へ」』
11月2日[土] - 12月1日[日] ※休館日:11月19日[火]
OPEN 10:00-20:00 ※初日11/2は18:00オープン・入場無料
【関連イベント】
◆オープニングレセプション 作家来場!!
日時:11月2日〔土〕 18:30 - 20:00
会場:三菱地所アルティアム(イムズ8F)
※予約不要、入場無料、再入場可
◆トークセッション
日時:11月16日〔土〕 
受付・開場18:00~
トーク開始18:30~(2時間程度)
会場:デジタルハリウッド福岡校セミナールーム(イムズ11F)
定員:50名
申込:予約不要。当日、定員に達し次第、受付終了とさせて頂きます。

※イベントの詳細はWEBをご覧下さい


※展覧会の内容・日程は変更になる場合がございます。詳細は今後の案内物やWEBにてお知らせいたします。


[PR]
by artium | 2013-10-24 14:16 | 鋤田正義展


<< 『エキソニモの「猿へ」』イベン... 『鋤田正義展 RETROSPE... >>