会場の様子をいち早くお届けします!
稲葉英樹展 感想帳から
稲葉英樹展も、いよいよ3月15日(月)までとなりました。
今日は、場内の感想帳の中からいくつかご紹介したいと思います。
会場の様子とともに、ご覧下さい。

f0023676_12594323.jpg

◆「プリント・ライン」の美しさと細かさ、独特のセンスに見とれました。
粒子になってぼんやり漂うような…この感情を何と表現すればいいか、分かりません。

◆「NEW LINE」はまるで絵画のようでした。
印刷が現実を超えたように感じられた。

◆線のきれいさはもちろんですが、PCで描いたカタチがこんなにキレイにオフセットで刷れるのか、ということにも感動しました。来て良かったです!

◆やっと実物の作品を拝見できました。僕はデザインの勉強をしている学生ですが、稲葉さんの作風が大好きでいつも参考にさせて頂いています。一番尊敬しているデザイナーさんの作品を生で見れて幸せでした。

f0023676_130782.jpg

◆よく見る本の表紙が稲葉さんの作品と知って驚きました。ラインで描くアート、とても面白かったです。いつまででもながめていだいと感じました。

◆水の中で舞う金魚の背びれの浮遊感のような自由なイメージが気持ちよかったです。
線と面のキセキのような接点を表現する熟練の技術には、ただただ頭が下がります。

◆グラフィックアートの現場は知りませんが、何かそういったものがある意味一周して、原点回帰している気がします。

f0023676_1302693.jpg

◆絵みたいなものだと思って見ていたのですが、よくよく見ると文字のようにも見えて…
うーむ。これは一体何だ!とふむふむしております。

◆線がたくさん並んで、収束して広がってまとまって、美しかったです。書道の展覧会を見に行ったような感覚でした。

◆線の存在感のすごさに圧倒されました。

◆新しい分野を切り開かれていて、壁を破る稲葉さんは強い人なのではないかと思います。
家に帰って、ほったらかしにしているイラストレーターで、何か描いてみようという気持ちになりました。
f0023676_1321869.jpg


★稲葉英樹展は3/15(月)まで!
皆さまどうぞお見逃しなく!

[PR]
by artium | 2010-03-11 13:06 | 稲葉英樹展


<< Up Coming Exhib... ポール・スミス トークイベント... >>