会場の様子をいち早くお届けします!
「雨ニモマケズ」岩手弁ヴァージョン
連日たくさんのお客様にご来場いただいている「宮沢賢治の贈りもの」展。

今日は来場されたお客様の一人が、「私も賢治と同じ、岩手県出身なんです」と、懐かしそうに賢治の詩「雨ニモマケズ」を朗読して下さいました。
f0023676_18302121.jpg

思わず足を止め聞き入る方、一緒になって口ずさむ方…
即興で出来上がった小さな賢治ワールドをぜひご覧下さい!

http://jp.youtube.com/watch?v=rdwOVq0Abys

…どうでしたか?
これぞまさに正調「雨ニモマケズ」です!!

岩手弁だと、「雨ニモマケズ」が「雨ニモマゲズ」になるんですね。
独特の濁音に乗って、標準語では表現しきれない実直さ、心の温かさが伝わってくるようです。
宮沢賢治も、きっとこんな風にこの詩を読んだのではないでしょうか。


f0023676_18272340.jpg会場では、1月29日まで「雨ニモマケズ」の詩が書かれた直筆手帳を展示しています。

賢治の筆跡が残った手帳に、涙を流すお客様もいらっしゃるほど…

皆様、ぜひこの機会に、賢治の手帳に会いにいらしてください。
(※1月30日からは精密複製を展示します)

写真:宮沢賢治「雨ニモマケズ」手帳 資料提供 林風舎
[PR]
by artium | 2009-01-19 18:32 | 宮沢賢治の贈りもの


<< デザイナーの大村さんをご紹介します! 「LOVE LOVE×LOVE... >>